最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« FlMMLリポジトリの引越し | トップページ | ロボ声VSTエフェクト「Xacalite(ザカリテ)」を作ってみた。 »

Melofu

 MMLで楽譜を作って投稿できるサイト、Melofuをスタートさせました。

01

 楽譜の表示にはVexFlowを利用させてもらってます。

 Twitterでしか告知してないんですが、DTMマガジン7月号でも紹介していただきました。ありがとうございます。

 これライブラリって需要あります? 公開したら大百科とかで役立ててくれるかな…。楽譜を楽譜らしく表示するのって、結構大変だったんだけど、どうなんだろ。

« FlMMLリポジトリの引越し | トップページ | ロボ声VSTエフェクト「Xacalite(ザカリテ)」を作ってみた。 »

javascript」カテゴリの記事

コメント

楽譜と比べて鳴る音が1オクターブ低いのは意図してます?

ごめんなさい再生エンジンFlMMLの標準音高なんです。
そこでそもそも失敗している(><)。
修正したほうがよいですかね~?

オクターブの件は、場合によりますねー。
表示そのままで再生音だけノートシフトできる機能があると、
オクターブの件も調整できるし、半音下げチューニングやら移調楽器やらにも対応できて、いいかなと思います。

http://melofu-web.appspot.com/view/20002
を作っていて気付いた点をあげます。

・譜面の表示が、5の倍数の小節が抜けているようです。
このMMLは4小節ずつ改行しているので、
改行のタイミングが譜面と合うはずですが、ずれていきます。

・フラットコードが入ると、伴奏が全体的に狂うみたいです。
C#mをDbmに書き換えたりすると、以後ずっと変になります。

・8分音符の表記が3~4拍繋がる現象が時々あります。
L8 DDrDr>C+BA と、 L8 EEErEEED で確認しました。

・`k:1`から`k:3`の転調の時、
調号でわざわざファをナチュラルせずに、
そのままファ・ド・ソのシャープを書けばOKです。
シャープ同士やフラット同士の転調は、
ナチュラルは調号が減る時だけでいいと思います。

あと、3度やその前後を鳴らしたくない場面があったので、
C5やD5でパワーコードに対応できると、一部の状況では結構ありがたいかなと思いました。

うおーコメントもらってた。
いろいろと参考になります!
ありがとうございます!

致命的なバグがいろいろある。
なおさなきゃ(><)

修正おつかれさまです!
フラットのキーで入力してみました。
http://melofu-web.appspot.com/view/24001
また細かいのをいくつか見つけてしまったので、ご報告です。


・8段3小節目、フラット6つへの転調が譜面に反映されていません。
シャープフラット共に6つ以上の調号が5つになってしまい、
この場合は元々5つだったのでそのままになるようです。
一応7つまで使えると万全だと思います。
(DbメジャーよりもC#メジャーで書きたい状況がありえます)


・コードネームのE#、Cb、B#、Fbは異名同音が白鍵なので未対応にされていると思いますが、敢えてこう書きたい場面がちらほらあります。
8段3小節目と9段2小節目のBコードは、本当はCbで書きたい例です(Gbキーの4度だと示すために)


・コードネームを書いた時に自動伴奏の有無を選べるといいかなと思いました。

ふむふむ。なるほどー。
了解しました!
ご意見ありがとうございます。

とりあえずフラット・シャープともに7つまで対応にしてみたんだけど
7つ目のフラットはこの位置でいいのかな~。


おつかれさまです!位置オッケーです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/51946374

この記事へのトラックバック一覧です: Melofu:

» メロディー譜の簡易自動作成 [Poco a poco]
メロディー譜をMMLという書き方にしたがって書くと、楽譜をその場で生成してくれるようなウェブサイトがあった。面白かったのでブログ書きます。 http://melofu-web.appspot.com/ 作成者さんの記事によると、MML(Music Macro Languageの略)という記述言語と、VexFlowというjavascriptとHTML5を利用したライブラリを用いて、今も制作されているそうです。上記ウェブサイトの右上、Historyを参照。 これをみてすぐに思ったのは、... [続きを読む]

« FlMMLリポジトリの引越し | トップページ | ロボ声VSTエフェクト「Xacalite(ザカリテ)」を作ってみた。 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ