最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

FlMML - リングモジュレーターとSync

 またまた archeさんがやってくれました!
 FlMMLに新機能追加です。  アナログシンセサイザーの世界ではおなじみの、リングモジュレーターとSyncによる音色作成を可能にしてくれました。

 archeさんのコメントを引用すると
 Ringは@r[感度],[パイプ番号]で感度0でオフ、4の時通常のRingと同じ挙動です。「SiONのものを参考にさせていただいたのでそれと大体同じような解釈だと思います。
 Syncは@s[0:無効, 1:同期信号出力, 2:同期信号に同期],[同期信号線番号(0~3)]みたいな感じになってます。とりあえず同期出力・入力は@0~@3の波形でのみ対応してます。問題がなさそうなら周期性のある波形には対応させるつもりです。
 リングモジュレーターの解説については、こちらのサイトが凄くわかりやすいです。
 Syncについてはこちらかなぁ。
 具体的にどういじればどういう音になるかは僕もあんまりわかってないので詳しい人の解説が欲しいです。

 FlMMLのダウンロードはこちらからどうぞ。
 そしてありがとうarcheさん!

MML対応Twitterクライアント

 MML対応Twitterがあったら面白いんじゃないかな。
 すごく簡単にコラボ曲が作れる気がします。
「広瀬香美さんの新曲がTwitterで配信!」
 なんてことも、あるかもしれない。

 FlMMLは皆さんのおかげでいろんな環境に対応してるので、誰か作ってくれないかなぁ。
(タイトル見て もう完成品があるのかと期待した人がいたらスミマセン。)

 ちなみにぼくはTwitterやってないので凄く勘違いしたこと言ってるかもしれないです。

 追記:
 ブコメで教えていただきました。
 MMLを呟くとFlMMLに突っ込んでくれるサービスというのがあるそうです。
 http://twitter.com/kuchibue

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ