最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『風の帰る場所』(宮崎駿) | トップページ | FlMML - フィルタ仮対応 »

『ゲームデザイナーの仕事 プロが教えるゲーム制作の技術』(前田圭士)

 あらあら、これは実用的な本ですわよ。
 amazonにレビューが無いのが不思議なんですが(2008/5/1現在)、タイトルに偽りなしの良書だと思います。
 目からウロコがボロボロ落ちるとかそういうんじゃないんですが、当たり前のことをキッチリと網羅して書いてある。こういうのって案外難しいんじゃないかと思うんですよね。
 もちろん難しいことをやったからいい本というわけじゃないんですが、平易な文章で分かりやすく書いてあるし、一線で働いてるデザイナーたちのインタビューから具体的なヒントも得られるし、面白い本でした。
 ゲーム業界外の方が読んでも、何かしら得られるところがあるんじゃないかと思いますよ。基本的には、若い人向けだと思いますけどね。



 以下、自分用メモ。

  • ひとつのコマンドを目立たせるために、そこだけわざと漢字を使ったり、文字数を変えたりする。
  • 「どこそこへ行きなさい」っていうメッセージは、「北のサボテン地帯に行きなさい」とかって書く。
  • どんなイベントを作るかじゃなくて、どんな反応をしてほしいか
  • とあるイベントでどんなカードを使おうかって悩んだときに、やれることが4種類になるといい。目安は血液型な
  • マインドマップを並び替えて、冒険の地図(プロジェクトマップ)を作る。
  • 不自然な場合は不自然ですと言ってしまう。
  • みんなズルが好き。


  •  このあたりのキーワードが得られただけでも読んだ価値があったってもんです。ホクホク。

    « 『風の帰る場所』(宮崎駿) | トップページ | FlMML - フィルタ仮対応 »

    読書(小説以外)」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    « 『風の帰る場所』(宮崎駿) | トップページ | FlMML - フィルタ仮対応 »

    ブログパーツ



    2019年5月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    無料ブログはココログ