最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

引越し

 今週末に引越しします。
 サイトじゃなくて、住処をね。

 一週間くらい更新できない見込みですので、もしコメントの返事がなくても怒ったり泣いたり死んだと思ったりしないようお願い申し上げます。

『エンダーのゲーム』(オースン・スコット・カード)

 ええー! この本ってもう新品で手に入らないの!?
 アフィリエイト貼ろうと思ったら中古しかなくて驚きました。
 こんな面白い本なかなか無いのに。
 日本語訳があまりよろしくないので、新訳でどこかに出版してくれませんかね。



続きを読む "『エンダーのゲーム』(オースン・スコット・カード)" »

『会議革命』(齋藤 孝)

 打ち合わせの時間が1日に8時間て。
 しかもそれが連日て。
 さすがにちょっと新しい考え方を取り入れたい、ということでこんな本を読んでみました。



続きを読む "『会議革命』(齋藤 孝)" »

『ゲームシナリオ作法』(川邊一外)

 何かの仕組みを知るのって面白いですよねぇ。

 映画畑出身の著者がゲームのシナリオについて熱く熱く語ってる本なんですが、流石にベテランだけあって方法論が確立されています。
 特に面白いなぁと感じたのが、基礎編その4の「構成の問題」。

 一時間半~二時間の普通の映画、あるいはテレビのドラマは、ほとんど例外なく、七つのシークエンスによって構成されています

 「ほとんどは言い過ぎじゃないか」とか思いながら読み進めると、以下のような構成が例示されています。



続きを読む "『ゲームシナリオ作法』(川邊一外)" »

『「分かりやすい文章」の技術』(藤沢晃治)

 これは良書!
「分かるって楽しい」
 そう思わせてくれる本です。

 『「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール』の続編にあたるのがこの本。
 あの本も良かったけど、自分にはこちらのほうが響きました。
 本当に、「分かりやすい文章」なんですよね。

 内容が「分かりやすい」だけではなくて、実際に自分がどうするべきかということについても「分かりやすい」。
 「斜め読み耐性」をつけるとか、キーワードを作るとか、実践的なノウハウが短い文章の中にギュッと詰まってます。

 図書館で借りて読んだんですが、手元に置いておきたいから買っちゃおうかな。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ