最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『パックマンのゲーム学入門』(岩谷 徹) | トップページ | 『グイン・サーガ90 恐怖の霧』(栗本 薫) »

『マリと子犬の物語』

 うわあん、なんだよこれ!
 映画やテレビの世界ではよく「子供と動物には勝てない」なんて言いますが、その2つが両手にベタと実話を持って攻めてくるんですよ。反則ですよこんなの!
 おっさんになってくると涙腺が緩んで困るなぁと実感できる映画です。


 ※↑ノベライズ版

 新潟県中越地震で実際に起きた話をもとに作られた映画──ってことなんですが、実際には随分フィクションも入っているようです。
 そのフィクション部分が、ハッキリ言ってかなりベタ。演出もちょっとクサすぎなんですが、主演の女の子(佐々木麻緒)の演技がやばすぎる。
 この子が泣きだすとこっちの涙腺もブワーっと。瓦礫に埋まったままで家族のことを心配するシーンでまたブワーっと。
 ああ、もうお父さん何でも買ってあげるからッ!

 まあ所謂「映画好き」にはウケないでしょうが、家族で安心して見られる貴重な映画だと思います。
 ただ、子供に泣き顔を見せたくないお父さんは要注意。覆面して見るといいですよ!

 公式サイト:http://mari-movie.jp/index.html

« 『パックマンのゲーム学入門』(岩谷 徹) | トップページ | 『グイン・サーガ90 恐怖の霧』(栗本 薫) »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/17869573

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリと子犬の物語』:

« 『パックマンのゲーム学入門』(岩谷 徹) | トップページ | 『グイン・サーガ90 恐怖の霧』(栗本 薫) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ