最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

FlMML - マクロ・繰り返しのバグ修正

 FlMMLの公式サイトは http://coderepos.org/share/wiki/FlMML
 はてなダイアリー内出張所(作者のつぶやき)は http://d.hatena.ne.jp/tekisuke/ です。

 今日は超マイナーバージョンアップ。以下のバグを修正しました。

  • マクロA、マクロBの順に定義した場合でもマクロAの中でマクロBが使えてしまう。
  • MML中でマクロを再定義した場合の動作がおかしい。
  • 繰り返しが連続したときに後の繰り返しが効かなくなることがある。


  •  告知だけだと寂しいので一言日記を。  Crayon Physics がすごい。いいなぁ。こういうのが作りたいです。

    FlMML - テンポトラックの独立と SWFObject 対応

     FlMMLの公式サイトは http://coderepos.org/share/wiki/FlMML
     はてなダイアリー内出張所(作者のつぶやき)は http://d.hatena.ne.jp/tekisuke/ になってます。
     今までちゃんと告知したことがなかった気がするので、改めて書いてみました。
     アップデートのお知らせは今までどおりココログ(ここ)でやっていくつもりです。もし はてなでも簡単にflashが貼れるようになったら引っ越すかも。

     さて、今日はLFOを待っている皆の期待を軽やかにスルーして地味目な更新です。
     テンポトラックの独立とswfobjectへの対応。それからid:Ikehonさんに指摘していただいたマクロのバグ修正です。

    The Flash movie is here. JavaScript enabled please.


     詳細は以下の通り。

    続きを読む "FlMML - テンポトラックの独立と SWFObject 対応" »

    『スパイダーマン3』

     劇場に観にいったのに感想書くの遅くなっちゃったなぁ。

     前作の感想では池上遼一版スパイダーマンのことを書いたんですが、香港版てのもあるんだそうですねぇ。つーか同じ人のブログですね、これ。世の中にはマニアがいるなぁ。
     もしかしたら世の中には『スパイダーマンVSキョンシー』とか『スパイダーマンVSコイサンマン』とかいろんなのがあるんじゃないかとか思いますが、世間的には三部作がこの『3』で完結ですよ。



    続きを読む "『スパイダーマン3』" »

    『竜馬がゆく(3)』(司馬遼太郎)

     そういえば以前浅草に行ったときに勝海舟の銅像を見つけたのを思い出しました。
     浅草と勝海舟って何か関係あるのかなーと思って調べてみたら、通ってた道場が浅草にあったってことみたいですね。
     興味のあるかたはアサヒビールの近くを周ってみてください。自販機のボタンを押す格好で待ってますよ。


    続きを読む "『竜馬がゆく(3)』(司馬遼太郎)" »

    『竜馬がゆく(2)』(司馬遼太郎)

     あー! 2巻の感想書く前に3巻の感想を上げてしまいました。まあいいか。順番いじっておこう。

    続きを読む "『竜馬がゆく(2)』(司馬遼太郎)" »

    FlMML - PAN(ステレオ)とデチューン

     約2週間ぶりの更新です。
     思ってたよりフォルマントフィルタの反響が少なくてガッカリしてたとか、そういうわけじゃないですよ! まあちょっとはあるけど!

     今回はPAN(ステレオ)とデチューンに対応してみました。
     2回同じフレーズが鳴りますが、音色の違いに注意して聴いてみて下さい。


     2度目のほうが音の広がりがあったでしょ? これがPANとデチューンの組み合わせによるコーラス効果です。
     その他、付点音符の計算が直ってたり、問題のある書式の場合に一部警告が出るようになってます。EventDispatcherも理解しましたよ!
     ただ今回はテンポトラック独立の件が間に合いませんでした。ごめんなさいkampさん。
     次はきっと。たぶん。

    続きを読む "FlMML - PAN(ステレオ)とデチューン" »

    『天使と悪魔』(ダン・ブラウン)

     これは面白いよ!
     あの『ダ・ヴィンチ・コード』のラングドンを主役にすえた初めての作品がこれなんですが、展開のダイナミックさと作品のスピード感・スリルについてはこっちのほうが上なんじゃないかなぁ。
     まあダ・ヴィンチ・コードのほうは映画しか観てないんですけどね。あれも原作を先に読んどくんだった! 映画は原作を読んでから観るに限りますね。
     この作品も映画化が決定してるらしいので、読むんなら今のうちですよ!



    続きを読む "『天使と悪魔』(ダン・ブラウン)" »

    « 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

    ブログパーツ



    2015年5月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    無料ブログはココログ