最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) | トップページ | 『剣客商売 勝負』(池波正太郎) »

『銀河市民』(ロバート・A・ハインライン)

 『人形つかい』がアホみたいに面白かったんで、次に読んだハインラインがこれ。
 そういえば『夏への扉』も面白かったもんねぇ。いまさらだけどさ。


 奴隷貿易の行われている辺境の惑星サーゴン。少年ソービーはそこで競りにかけられたが、彼を買い取ったのは何と老乞食のバスリムだった。バスリムは乞食とは思えぬ知識と人格でソービーを育てあげた。そしてソービーは、自らの出自を突き止めるため広大な宇宙へと旅立つが──
 少年が冒険をしながら成長していく過程を描くジュヴナイル──ってことになってるみたいですが、単純にワクワクと面白いです。
 バスリムは一体何者なのか? ソービーは無事に生き延びて、家族と対面することができるのか?
 『人形つかい』に比べると後半の展開がいまひとつ盛り上がらないんですが、それでも中学生くらいの知り合いがいたら読ませてあげたいですね。

« ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) | トップページ | 『剣客商売 勝負』(池波正太郎) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/16072486

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀河市民』(ロバート・A・ハインライン):

« ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) | トップページ | 『剣客商売 勝負』(池波正太郎) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ