最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『トランスフォーマー』 | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) »

『剣客商売 春の嵐』(池波正太郎)

 いつも観てる30分番組の2時間スペシャルが期待通りに面白かった気分。 剣客商売第10巻はシリーズ初の長編となっています。

まだ霜も溶け切らぬ春先に、辻斬りがあらわれた。「名は秋山大治郎」あえてその名を騙る男には、一体どのような思惑があるのか。動くに動けぬ大治郎に代わり、小兵衛・弥七・傘徳らが奔走するが--
 偽主人公・強敵・オールスターとくればつまらないワケないですよね。
 なかなか姿を見せない強敵に食らいつく傘徳の男ぶりや、いつも変わらぬ おはるの女っぷりにしびれます。
 驚愕の展開!みたいなのは無いんだけど、なんていうか「王道」だなあとしみじみ思います。

« 『トランスフォーマー』 | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『剣客商売 春の嵐』(池波正太郎):

« 『トランスフォーマー』 | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(3) »

ブログパーツ



2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ