最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『不夜城』(馳 星周) | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(2) »

『ぼんくら』(宮部みゆき)

 1ヶ月ぶりのごぶさたです。
 いろいろと忙しくて随分間が空いてしまいましたが生きてますよ。

 そんな中、久々に堪能したのがこの時代小説。
 夢中になって貪り読む…という感じでもないんですけど、つくづく巧いんですよ。

 江戸は深川の鉄瓶長屋で殺人事件が起きた。その日を境に長屋には次々と事件が起き、住人たちは姿を消していった。“ぼんくら”同心の平四郎は、新しい差配の佐吉たちを助けるべく、動き始めるが──

 鉄瓶長屋を中心とした江戸の人々の暮らしや人柄。そういったものを丹念に描きつつ、主軸となるストーリーが少しずつ姿を現していきます。宮部みゆきらしい作品ですよね。
 面倒臭がりで“ぼんくら”の平四郎をはじめとして、計測の天才弓之助や記憶の天才おでこ。長屋のお徳に おくめ、それから差配の佐吉と官九郎。みんな愛すべきキャラクターたちです。
 弓之助や おでこのキャラは出来すぎの感もありますが、いいよね。お初がいる世界ともつながってるんだもん。
 平四郎の暖かい“ぼんくら”っぷりに共感させられる話でした。

« 『不夜城』(馳 星周) | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(2) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/15740404

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼんくら』(宮部みゆき):

« 『不夜城』(馳 星周) | トップページ | ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(2) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ