最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(1)

 第1回|第2回第3回第4回第5回

 迷走しつつあるActionScript日記ですが、今日のテーマはサウンド生成です。
 この分野はあんまり資料がないんですよね。日本語だとOnegameさんのこのページくらいなんじゃないでしょうか?  誰かもう少し音楽的にしたものを作ってくれないかなーと思い続けてたんですが誰もやらないみたいなんで自分でやってみることにしました。
 まだ触りだけですが、とりあえず成果。画面は何もでないんですが、シンセサイズして「ドレミ」と鳴ります。

ドレミ

 反響があったら解説を書くかもしれませんが、とりあえずソースは以下の通り。

続きを読む "ActionScript日記 - サウンドのリアルタイム生成(1)" »

『人形つかい』(ロバート・A・ハインライン)

 おもしろいよ、これ!
 ライトノベルみたいな表紙に騙されて読まないのは勿体無いし、こういう絵が隙だったらそのまま騙されて読んじゃうのがいいと思います。
 つまり、中身と関係ないんだこの表紙。



続きを読む "『人形つかい』(ロバート・A・ハインライン)" »

『ひとりっ子』(グレッグ・イーガン)

 時間には始まりや終わりがあるのかとか
 物体を究極まで小さくしていくとそれは何なのかとか
 神様がこの世界を作ったのなら神様は誰が作ったのかとか
 世界っていうのは一体どういう風に出来上がってるのか、誰でもちょっとくらい考えたことがると思うんですけど、このグレッグ・イーガンってひとはそこから話のネタを作りだすのが抜群に巧いんですよね。



続きを読む "『ひとりっ子』(グレッグ・イーガン)" »

『たそがれ清兵衛』(藤沢周平)

 『トリビアの泉』で日本刀 VS ピストルを観たときは正直カッチョイイ!と思ってしまいました。人を殺めるための武器には違いないんですけどね。こっちの映像なんかを見てても、なんか、アホでも人を殺せる武器と、血の滲むような努力の末に身につける武器っていうのは、何かが少しだけ違うんじゃないかと思います。
 剣を持って生きるからには、いつか己の身にも刃が降りかかる。そういう覚悟があった時代。そんな中でも、地に足をつけて生きようとする男たち。そういう話です。



続きを読む "『たそがれ清兵衛』(藤沢周平)" »

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ