最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『百器徒然袋 風』(京極夏彦) | トップページ | 『ホロー荘の殺人』(アガサ・クリスティ) »

『異次元への冒険』(ジェリイ・ソール)

 先月10年ぶりくらいにスキーに行ってきたんですが、ちょっとした冒険でしたね。暗くなり始めた林道コースはドキドキでした。栂池の林道コースは狭いから気をつけろ!(なだらかですけどね)

 そんなわけで30年以上前に書かれたSF冒険小説。ところが面白いんだこれが。

コスティガン博士の発明は、最初は物質を透過する機能のものだと思われた。インランド社は実用化に向け多額の費用を投じたが、その装置は実は異次元へとつながる扉だったのだ。ほどなく装置は完成したが、事態は思わぬ方向に──
 まず「コスティガンの針」というネーミングがいい! これだけで「この小説はいける」という予感がしますよね。
 科学的検証を散りばめながら対象への興味を誘って、一気に世界を一変させる事件! そして冒険!
 バローズなんかにも通じる王道展開なんですが、素直に面白いですね。中学生くらいでも楽に読めると思うし、大人でも楽しめるし、オススメです。
 しかし、こういう状況で頼れる男になりたいもんですねぇ・・・。

« 『百器徒然袋 風』(京極夏彦) | トップページ | 『ホロー荘の殺人』(アガサ・クリスティ) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『異次元への冒険』(ジェリイ・ソール):

« 『百器徒然袋 風』(京極夏彦) | トップページ | 『ホロー荘の殺人』(アガサ・クリスティ) »

ブログパーツ



2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ