最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『陰摩羅鬼の瑕』(京極夏彦) | トップページ | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »

『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』

 渋谷公会堂が10月1日(日)から「渋谷C.C.Lemonホール」に
 エェェー!
 昔から馴染みのものが、お金のために変わらざるを得ないっていうのはがっかりです。
 もう「しぶこう」って呼べないんですね。「しぶレモ」ですか。

 というわけでこれは、子供にウケようとか、CGは使わなきゃとか、色んな思惑が絡んでおかしなものになっちゃった感のある映画です。ま、憶測ですけれどもね。

 花田一路は近所でも有名なワンパク坊主だ。クラスメイトの村上壮太らと共に毎日元気に遊んでいたが、ある日トンネルから飛び出してきたトラックに撥ねられてしまう。一度は死に掛けた一路だが、女子高生の姿をした霊に引き止められ、奇跡的に命をとりとめた。しかしその日から、一路は霊が見える体質になってしまったのだ──!
 つーわけで夏休みの子供向け映画ですね。マンガが原作らしいです。
 しかし、うーん、正直この演出はないだろうと。かなりガッカリさせられました。
 子役の演技は上手いし、ホロリとくるようなシーンもあるんですけど、その他の演出でサーっと冷めちゃうんですよね。特に、最後のヘナチョコドラゴンボールは何だったんでしょうか。やっぱり「CG使ったバトルがないと駄目!」とか言うひとが居たんですかね。運動会のシーンみたいな話で最後まで地道にやってくれたら、それなりにいい映画になってたかもしれないのになぁ。
 しかし最初にトラックの運ちゃんを脅かしたのは何だったんですかね。明らかに悪意が感じられるし、大変なことになってたかもしれないと思うんですけど。その辺の脚本も甘い気がしました。

 公式サイト:http://www.hanada-shonen.com/
『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
監督:水田伸生/主演:須賀健太

« 『陰摩羅鬼の瑕』(京極夏彦) | トップページ | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

渋公じゃなくなっちゃうの?!
パワステを知る人もすっかり消えてしまって。
どんどん変わっていきますね。。。

パワステって結局一回も行かないまま無くなっちゃいました。新宿にあったんですねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/11968622

この記事へのトラックバック一覧です: 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』:

« 『陰摩羅鬼の瑕』(京極夏彦) | トップページ | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ