最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

『グイン・サーガ85 蜃気楼の彼方』(栗本 薫)

 昨日は久しぶりに風邪引いて一日寝てました。もったいないなー。

 というわけで帰らない日を想ってくれと言わんばかりのタイトル、『グイン・サーガ85 蜃気楼の彼方』です。

続きを読む "『グイン・サーガ85 蜃気楼の彼方』(栗本 薫)" »

『剣客商売 隠れ蓑』(池波正太郎)

 今日は東武線に乗って栃木まで行ってきました。鐘ヶ淵って浅草の近くにあるんですねぇ。この小説の主人公・秋山小兵衛の家があるのが鐘ヶ淵なんですが、昔のひとは随分歩いて遠いところに行ってたもんだと感心します。
 というわけで、剣客商売もシリーズ七巻目。なんだかんだでハマッてるような気がしてきました。

続きを読む "『剣客商売 隠れ蓑』(池波正太郎) " »

『グイン・サーガ84 劫火』(栗本 薫)

 『極魔界村』のプロモムービーが面白い。アーサー役に黒田アーサーて!


 馬鹿ムービーなのにいやにクオリティが高いのが気になります。テンポといい、チープ感といい、絶妙なバランス。PSPゲームのプロモにしては凄い豪華ですよね。
 と、強引にタイトルにつなげてみました。

続きを読む "『グイン・サーガ84 劫火』(栗本 薫)" »

『グイン・サーガ83 嵐の獅子たち』(栗本 薫)

 北島康介と松木安太郎って実は顔似てるんじゃないかとか思いつつ、グイン・サーガの83巻。
 「続きを読む」は読んだ人だけクリックしてくだせえ。

続きを読む "『グイン・サーガ83 嵐の獅子たち』(栗本 薫)" »

『スキャナー・ダークリー』(フィリップ・K・ディック)

 アメリカではキアヌ・リーヴス主演の映画が公開されたばかりのこの作品。日本では秋頃公開じゃないかという噂ですが、ヒットするかなぁ。分かりづらいんだよなぁ。
 原作は山形浩生訳の『暗闇のスキャナー』という邦題のほうが有名ですが、これは浅倉久志さんの新訳版。

続きを読む "『スキャナー・ダークリー』(フィリップ・K・ディック)" »

『ぼく、ドラえもんでした。涙と笑いの26年うちあけ話』(大山のぶ代)

 TRFのライブに行って大満足して帰ってきたのに 『よからぬブルース メーテル』篇を見たら全部上書きされてしまいました。台無しだよッ!
 アニメのチカラって怖いですね。

 というわけで、26年ドラえもんだった大山のぶ代さんが、そのドラ人生を振り返るエッセイ。

続きを読む "『ぼく、ドラえもんでした。涙と笑いの26年うちあけ話』(大山のぶ代)" »

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ