最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『くりぃむしちゅーのたりらりでイキます!!』 | トップページ | 『ネジ式ザゼツキー』(島田荘司) »

『義経』(司馬遼太郎)

 義経といえば「殺して進ぜよう」「ひょーん! ひょーん!」とか言いながらクルクル回る変わった人だと思ってたので「滝沢くんもエライ役を引き受けたなぁ」とか思ってたんですが、やっと誤解が解けましたよ。
 『源平討魔伝』ネタなんて分かる人限られてますが、いいんです。このどいつ、おらんだ。小説にも平景清は出てきますよ(ちょっとだけ)。

 というわけで、不遇の天才・源九郎義経の生涯を描いた作品。
 「判官びいき」なんて言葉があるくらいで、昔から義経に人気があるのは知ってたけど、ただ可哀想ってだけで人気があったわけじゃないんですね。日本史上初めて、騎兵の機動力を生かした奇襲作戦というものを思いついて、なおかつそれを最高の形で実現した男。初めて指揮した海戦においても非凡な才能を発揮し、強力な海軍を持つ平家を打ち破った男。それだけの巨大な軍功をを上げておきながら、むしろそれ故に兄に疎まれ、破滅に追いやられたと、そりゃぁ判官びいきにもなりますよね。結構無茶苦茶な男でもあるんですが。
 五条大橋のシーンも弁慶立ち往生のシーンもないけれど、極端な天才とそれを取り巻く権力の渦、見所充分でした。

« 『くりぃむしちゅーのたりらりでイキます!!』 | トップページ | 『ネジ式ザゼツキー』(島田荘司) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/10615061

この記事へのトラックバック一覧です: 『義経』(司馬遼太郎):

« 『くりぃむしちゅーのたりらりでイキます!!』 | トップページ | 『ネジ式ザゼツキー』(島田荘司) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ