最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『RENT』 | トップページ | 『ダ・ヴィンチ・コード』 »

『連鎖』(真保裕一)

 連鎖といえば“ピタゴラそうち”でしょってことでYouTubeを見ようと思ったら何故か こんなものを発見してしまいました。微妙に懐かしい。
 肝心のピタゴラそうちはこのへんから適当にどうぞ。

 というわけでパーク・マンサーとは何の関連もないハードボイルド小説です。
 チェルノブイリの放射能に汚染された食品が、検査の対象外である国を経由して三角輸入されていた。 このスクープを物にした記者・竹脇はしかし、記事の発表後に自殺未遂をし、意識不明の重体となってしまう。 竹脇の行動に疑念を抱いた元食品Gメンの羽川は彼の調査のあとを追うが、やがて彼のもとにも脅迫が──
 こんなに牛丼屋のメシが不味くなる小説も珍しい。安い肉ってやっぱりそれなりの理由があるんですかねぇ。ま、高いからといって安心というわけでもないんですけれど。
 真保氏得意の小役人シリーズということで、食品調査の実態なんかも織り交ぜつつ、目まぐるしい展開のストーリーが楽しめます。何かを突きとめる度に新しい謎が現れ、最後にはとんでもないどんでん返しが…。
 ここまでヒネらんでも、というくらいヒネりまくりのストーリー。面白かったです。

« 『RENT』 | トップページ | 『ダ・ヴィンチ・コード』 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/10156854

この記事へのトラックバック一覧です: 『連鎖』(真保裕一):

« 『RENT』 | トップページ | 『ダ・ヴィンチ・コード』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ