最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

『一茶』(藤沢周平)

 こんなに読んでて鬱になる本は久しぶり。
 DA PUMPファンの人が間違えて読んだら大変なことですよ。わいのわいのとか言ってられなくなりますよ。ドキュンズキュンです。なんだそれ。

 というわけで小林一茶の生涯を描いた作品です。

続きを読む "『一茶』(藤沢周平)" »

『地を這う虫』(高村 薫)

 ときどき北村 薫と高村 薫の区別がつかなくなってたのですが、これで覚えましたよ。
 ちなみにブタゴリラの本名は熊田 薫。

妻殺しの罪で服役をしていた元刑事が戻ってきた──『愁訴の花』
返済の催促をしていた街工場で若者が怪我をした──『巡り逢う人びと』
大物政治家の行動を警察に流し、また一方で彼は──『父が来た道』
毎日同じ時間同じ道を歩くうち、空き巣の事件に──『地を這う虫』

 ってことで、元刑事たち4人の生き方を描いた4作の短編集。高村作品ははじめて読んだんですが、面白いじゃないですか。予想通り、重いっちゃぁ重いんですけど、謎の提示の仕方がとても上手いので、ぐいぐいと引き込まれます。
 他の作品も読んでみようっと。

おるおるピコピコ

 『All-Right All-Night (No-Tears No-Bloods)』をピコピコ打ち込んでプレイヤーズ王国にアップしました。
 1年以上前に 66666 hit 記念(?)にリクエストを受け付けて、そっから随分かかっちゃって、その割には大した出来でもないんですが、とりあえず宿題がひとつ終わったということでひとつ。
 他の宿題もやらないとなぁ。借りてるアレとか、借りてるアレとか・・・。

『くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン』

 「くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン」が終わってしまったらしい。えーッ!?
 あんなに面白い番組がッ! スペシャルもやったしDVDにもなる番組がッ! 最終回の挨拶もなしに終わるなんてッ! …ちょっとおかしいですよね。
 たしかにラテ欄には「最終回」と書いてあったけど、てっきり
「この番組は最終回です。ただし、来週からタイトルと放送時間を変えて新番組が始まります!」
みたいなベタだと信じてました。
 「トリビアの泉」みたいに生まれ変わって(あのままでもいいけど)戻ってきてくれることを期待して待ちたいと思います。サンタさんには“告白する勇気”じゃなくてベタドラマをお願いしよう。

 あ、ベタ子こと村井美樹さんのブログを発見。
 http://ameblo.jp/mikisite/
 和田アキ子スパンコールが素敵でしたよ。

『池袋ウエストゲートパーク』(石田衣良)

  池袋西口公園 ウエストゲートパーク ってどこだ?
 検索してみたら東京芸術劇場のまん前なんですね。警察署も近い。
 ちなみにいけふくろうがいるのは東口。こちらは「いけオウル」とは呼ばないようです。
 高校を卒業したあの年の夏、おれたちは毎日 池袋西口公園 ウエストゲートパーク に通っていた。ナンパ目的の男と女、振り付けの練習をするダンサーのチーム、ギターをかき鳴らすシンガーたち。おれたちは一日、ベンチでぼんやり過ごすだけ。そんな日も長くは続かなかった。リカがストラングラー(首絞め魔)に殺られたんだ──
 裏表紙には “ミステリの「今」を知りたければ池袋を読め” みたいなことが書いてあるんですが、これ、ミステリじゃないですよね。
 んじゃ、何が一番近いかな? と考えてみたのですが、これは現代の 『ぼくらの七日間戦争』(宗田 理) なんじゃないかと。ジャンル名じゃないし、そもそも内容が全然違うよ!と怒られてしまうかもしれないんですが、ボーイズたちがチームワークで事件を解決していくところや、「都合よく話が進むなー」というところも含めて、すごく懐かしさを感じてしまったんですよね。もちろんマコトが英治で、タカシが相原。吉岡が矢場か瀬川さんかな。矢場は礼にいか?
 ぼくらシリーズに比べると随分荒んだ話になってしまってるけど、根っこのところは一緒という気がします。若いなーという気もしますけど、終わってみたらなかなか面白かったですよ。

 って、この話の舞台8年も前だ。現代じゃねぇ。

『薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲』(田中芳樹)

 ブログパーツを公開してからアクセス数がものすごい伸びて、若干びびっています。
 こんなアクセスあるんならもっといい本紹介したいなー。とりあえず『われはロボット』オススメで。まだ読み終わってないけど『Joel on Software』もいい本。
 と、他の本をオススメしつつ今日の読書記録。

 新宿御苑が一夜にして枯れ野と化した。この事件をきっかけに、東京では次々に怪事件が起きた。人食いボタルの出現、ネズミの異常発生、怪人の暗躍…。非常識な事態の連続に、薬師寺涼子が立ち上がった──
 こういっては何ですが完全に惰性で読んでるシリーズ。まあ田中作品の中でも最もテキトーな感じのシリーズなんで、テキトーに読めます。特に他人にオススメはしませんけど、いま流行りのツンデレではあるかもしれないので、そういうの好きなひとはどうぞ。んー、ホントにツンデレかな、これ? よくわからん。
 物語自体は随分と適当かつ大雑把な解決でしたが、これ環境汚染とか気にならないんですかね。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ