最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

健康診断

 やってきました健康診断。今年から検査項目が増えました。二大巨頭は眼圧検査と胃検診ですね。
 ノーマークだった眼圧検査にはビックリしました。「ウィーンガシャ!ウィーンガシャ!」て! あのメカ!  あんな音出して狙われたら目だってガード固めますよそりゃ。『時計仕掛けのオレンジ』思い出すじゃないですか。おかげで随分時間を使ってしまいました。後の人ごめんなさい。
 もうひとつは胃検診。というかバリウム飲んでレントゲン。ま、バリウムを飲むの自体は、覚悟していたよりは 簡単だったんですが、問題はそのあと。
「右に一回転してー! 遅いなー」だとか
「ちょっと左向いて。あー、ちょっとだってばちょっと!」だとか
「両手を上にあげて」だとか
「もっと笑顔で!」だとか、
 えらく駄目出しされましたよ! そんなに駄目ですかっ!?
 来年は安藤美姫ばりに華麗にまわってやろうかと思います。

 将来は磁性イオン液体あたりを応用すれば、 あんな自分でゴロゴロ転がらなくても済む様になるんじゃないでしょうか。磁石の力で引っ張ってもらうの。
 「エイリアンが腹食いちぎろうとしてる」みたいなビジュアルになる可能性はありますが。

『幻惑の極微機械(ナノマシン)』(リンダ・ナガタ)

 ナノナノのコーナーってあったよなぁ……と思って検索してみたら! あったよこんなページが! 元レディクラリスナーとしては懐かしくて泣きそうです。なんか、覚えてないけど覚えてるよ。ウポポピロンチくんとか!

 ま、それはともかく『極微機械ボーア・メイカー』の作者リンダ・ナガタの手によるSFです。
 遠い未来。人類は、チェンジーム人が残した恐るべき攻撃機械のために、絶滅の危機に瀕していた。 生き延びた人々の一部は、強力なカリスマを持つ指導者ジュピターに率いられ、 “理想の地”であるとされるコミュニオンを目差し、陥穽星へと降り立ったが……
 まずね。邦題に文句をつけたいです。なんで「DECEPTION WELL」がこんなんなっちゃうかなぁ。 ボーアメイカーが売れたから、同じようなタイトルがいいと思ったんでしょうか。 他にも翻訳にはいろいろ違和感を感じてしまいました。「陥穽星(かんせいせい?)」とか「絹市(きぬし?)」とか、 声に出して読みづらいっつーの。シルクシティでもよかったんじゃないかと思うんですがどうですかね。
 お話の内容も、どうも僕がアタマ悪いのかもしれませんが、今ひとつ理解がしづらくてついていけませんでした。
誰に感情移入したらいいのかが分かりづらかったのもマイナスですねぇ。いまひとつジュピターが何をしたいのかが分からなくて。
 ま、読むとしたらボーアメイカーを読んだ直後に読むことをオススメいたします。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年9月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ