最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« プルプル | トップページ | 『酔拳』 »

『ハウルの動く城』

 うちの城が(引越しで)動いてから早1ヶ月。相変わらず床にPC置いて使ってますよ。助けてソフィー!

 とかアホなことを言ってる間にどんどん記憶が薄れていくので、適当に更新していくことにしました。

 科学と魔法が戦争に使われる世界。18歳のソフィーは、父の遺した帽子屋を切り盛りしていた。 ある日、ソフィーは街で、魔法使いハウルと出会い、偶然のなりゆきから空中の散歩を体験した。 夢のような出来事を信じられずにいるソフィーの前に、その晩、《荒地の魔女》が現れた。 ハウルを目の敵にする《荒地の魔女》は、ソフィーを90歳の老婆へと変えてしまった。 自分の家にもいられなくなったソフィーは、荒地へと向かうが──
 うーん。なんか、ほんとに、もったいない。もったいない映画だったなぁ。
 さすがスタジオジブリっていうクオリティのアニメーション映画なんだけど、全体的に説明不足なんですよね。
 ソフィーにしてもハウルにしても、荒地の魔女にしても、いまひとつ行動原理がわからない。キャラが掴めないから、感情移入もしづらい。
 原題であるところの「魔法使いハウルと火の悪魔」の関係についても、映画の説明じゃぁ謎が解けないですよね。いろいろ検索したんでやっと分かりましたけれども。
 「美女と野獣」と「千と千尋」を足して2で割ったために、どっちの良さも半減しちゃった感じ。トータルで1未満とは言わないけど、でもなぁ。
 宮崎監督ももう何本も作れないと思うので、次は「これだーっ!」ってやつを作って欲しいと思います。お願いします。ほんとに。

『ハウルの動く城』
監督:宮崎 駿/主演(声):倍賞千恵子
公式サイト:http://www.howl-movie.com/

« プルプル | トップページ | 『酔拳』 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/4213632

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハウルの動く城』:

« プルプル | トップページ | 『酔拳』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ