最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« バンブラ2作目 | トップページ | 『馬上少年過ぐ』(司馬遼太郎) »

『書斎の死体』(アガサ・クリスティ)

 もし金田一くんと友達になったとしても、絶対に旅行には行かないと思います。 雪山の山荘とか、吊り橋の先にある旅館とか、命がいくつあっても足りないよねぇ。
 と、いうわけで、ベタなシチュエーションの殺人事件、パターン「書斎の死体」。
 朝早く、電話のベルが鳴った。ミス・マープルが受話器を取ると、バントリー夫人のひどく興奮した声が伝わってきた。
「書斎で死体が発見されたの!」
 まるで推理小説のような殺人事件。ミス・マープルの推理が冴える──
 ありふれた書斎に奇想天外な死体を用意したという意欲作。意欲作なのかな?  クリスティならちょちょいと書けちゃったのかもしれませんけれども、面白かったです。
 あいつ怪しいと思ったんだけど、最後まで自説を貫けなかったなぁ……(独り言)。

『THE BODY IN THE LIBRARY』
Agatha Cristie
ISBN4-15-070016-8

« バンブラ2作目 | トップページ | 『馬上少年過ぐ』(司馬遼太郎) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/3567410

この記事へのトラックバック一覧です: 『書斎の死体』(アガサ・クリスティ):

» ミス・マープル 書斎の死体 アガサ・クリスティ ミステリチャンネル [クラシック映画館兼ミステリの小部屋]
BBC1984年,ジョーン・ヒクソンのマープルもの第一弾。約50分×3話からなる [続きを読む]

« バンブラ2作目 | トップページ | 『馬上少年過ぐ』(司馬遼太郎) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ