最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『会議が絶対うまくいく法』(マイケル・ドイル&デイヴィッド・ストラウス) | トップページ | バンブラ2作目 »

『どすこい(安)』(京極夏彦)

  『四十七人の力士』(新京極夏彦)
  『パラサイト・デブ』(南極夏彦)
  『すべてがデブになる』(N極改め月極夏彦)
  『土俵(リング)・でぶせん』(京塚昌彦)
  『脂鬼』(京極夏場所)
  『理油(意味不明)』(京極夏彦)
  『ウロボロスの基礎代謝』(両国踏四股)
 の7編を収録。巻末には《喜国雅彦改め喜よう国夏さ彦》による『解説(梅)』も掲載されています。
 …と書けば大体この本の下らなさが想像できると思いますが、本当にくだらない。心底くだらない。徹頭徹尾くだらないでごわす。
 一応解説すると、それぞれ
  『四十七人の刺客』(池宮彰一郎)
  『パラサイト・イブ』(瀬名秀明)
  『すべてがFになる』(森 博嗣)
  『リング/らせん』(鈴木光司)
  『屍鬼』(小野不由美)
  『理由』(宮部みゆき)
  『ウロボロスの基礎論』(竹本健治)
 のパロディ、しかも登場するのは全編デブばかり。暑い。暑苦しい。「京極夏彦の本は、厚いから暑いへ!」とかワケのわからんキャッチフレーズをつけてみたくなります。
 ま、そこは京極夏彦なんで、全体の構成だけは妙に凝っていたりするのですが、そのくらいですかね。肝心のギャグがコテコテすぎて、いまいち笑えなかったんですよね。うーん。残念。
 ただ、こういうパロディ読むと「自分でも作れるんじゃないか?」とか思っちゃいますよね。
 張リーの11歳の誕生日、相撲学校への入学許可証が届いた。 張リーは赤ん坊のときに悪の横綱を退けた力士として、角界では知らぬ者のいない有名人だったのだ── 『張リー・ポッチャリとちゃんこの鍋』
 とか、どうすか。まあ、ええと、
 怒らないで戴きたい。

『どすこい(安)』
京極夏彦
ISBN:4-08-774597-X

« 『会議が絶対うまくいく法』(マイケル・ドイル&デイヴィッド・ストラウス) | トップページ | バンブラ2作目 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/3440576

この記事へのトラックバック一覧です: 『どすこい(安)』(京極夏彦):

« 『会議が絶対うまくいく法』(マイケル・ドイル&デイヴィッド・ストラウス) | トップページ | バンブラ2作目 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ