最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 大人買い | トップページ | サンタさんへ »

『剣客商売 陽炎の男』(池波正太郎)

 なんだか最近歴史物や時代物を読むことが多くなっていて、なんでなんだろうオッサンになったからか? とか考えていたのですが、たぶん、
「めったに外さない」
 からなんですよね。歴史小説とか時代小説で評価されてる人の作品で、「うわーこれ合わない」と思うことって 滅多にないような。
 ってことで、なんとなく気に入ってきた剣客商売の第三弾。
大治郎が駆けつけた時、旧友浅田は囚われの身となっていた──『東海道・見付宿』
不二桜の亭主与兵衛は悪い遊びから大変なことに巻き込まれ──『赤い富士』
三冬の家が暴漢に襲われた。しかし男の狙いは三冬ではなく──『陽炎の男』
香具師の元締を怒らせた若者は、かつての弟子の息子だった──『嘘の皮』
娘をかどわかされた医者を救うため小兵衛が打った段取りは──『兎と熊』
結婚を控えた友人の身を狙うものが。大治郎は彼を救うべく──『婚礼の夜』
侍三人をやっつけた大力婆さん。しかし逆恨みをした男達は──『深川十万坪』
 今回は大治郎が大活躍、三冬の気持ちにも変化があらわれて……ってな感じでしょうか。 三冬のほうはなんだか唐突なような気もしたんですけど、まああんまり細かく心情をつづられても変な気もするし、 こんなもんですかね。このまま順調に朴念仁の大治郎とくっつくのか? そのうち子供とかできちゃうのか?  もうちょっと読み進めていってみますか。

『剣客商売 陽炎の男』
池波正太郎
ISBN4-10-115629-8

« 大人買い | トップページ | サンタさんへ »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/2303418

この記事へのトラックバック一覧です: 『剣客商売 陽炎の男』(池波正太郎):

« 大人買い | トップページ | サンタさんへ »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ