最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『ロシア紅茶の謎』(有栖川有栖) | トップページ | 『長い長い殺人』(宮部みゆき) »

『梟の城』(司馬遼太郎)

 ファミマの店内放送で香取慎吾が「ニン!」とか言ってたんですけど、それはハットリくんじゃなくて伊東四郎じゃないでしょうか? ニン。
 織田信長によって滅ぼされた伊賀の忍者・葛篭重蔵。 その重蔵が、一族の怨念と、忍としての生きがいを賭けて狙うのは、太閤・豊臣秀吉の暗殺であった。 しかし一方、重蔵の相弟子である風間五平は、己が出世のために重蔵を利用しようと目論んでいた。 時代の奔流の中、二人の男が対照的な生き様を貫く──
 第42回の直木賞という『梟の城』。いや、さすがに面白いっす。 直木賞、とか言われちゃうと、ちょっと難しそうな印象もありますけど、 基本的に司馬遼太郎の文章は読みやすいんですよね。 エンターテインメントな部分とリアルな部分がほどよく同居していて、忍者好きにはたまらない一品と言えるでしょう。
 何を言ってるのかよく分からなくなってきましたが、また読んでから感想までに間を空けちゃったから悪いんですよね。あー、面白かったのにもったいないな。
 ひとつとても印象に残ってるのは、重蔵が、とにかく強そうだということ。別にね、チャクラをためてエネルギー弾ドカーンみたいな無茶をするわけではないのですが、すっごい強そうです。あれは、リアルだからこその迫力なんでしょうね。
 あとひとつ、ちょっと疑問に思ったのは、風間五平が○○だった、という、最後に突然でてきたアレ。アレなくてもいいんじゃない? 面白かったけど唐突すぎて混乱しました。
 とはいえ、忍者についてのいろんなウンチクも手に入るし、一度は読んでみて損のない作品だと思いました。

« 『ロシア紅茶の謎』(有栖川有栖) | トップページ | 『長い長い殺人』(宮部みゆき) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

こっそりトラックバック。

お。ブログ風なんて書いてあったけどちゃんとブログなんじゃん。トラックバックできるのね。ふむふむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/1298375

この記事へのトラックバック一覧です: 『梟の城』(司馬遼太郎):

» 大谷刑部少輪吉継 [毘 ~DRIVER'S 弐~]
名将 大谷刑部石田光成とともに秀吉子飼として名を馳せた名将とかく、官僚肌と思われがちな彼だが生粋の武将魂の持ち主であった。若くして不治の病といわれる癩病(らいび... [続きを読む]

« 『ロシア紅茶の謎』(有栖川有栖) | トップページ | 『長い長い殺人』(宮部みゆき) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ