最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『グイン・サーガ81 魔界の刻印』(栗本 薫) | トップページ | 『舞踏会の華麗なる終演 暁の天使たち外伝1』(茅田砂胡) »

『オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー)

♪Opera座の幕開け 落ちるシャンデリアに
 あの歌を聴くと今までトゥーリアの事件を思い出したりしてたんですが、 『オペラ座の怪人』にそういうシーンがあるんですねぇ。勉強になりました。
 ていうか当時中学生だよ。行ったこともないのに、なんで未だに店名覚えてるんだろ。
 19世紀パリ。華麗なオペラ座の舞台裏では、奇怪な事件が続発していた。 そして事件に関わったものは皆、口をそろえてこういうのだった。 これはオペラ座の幽霊の仕業だ、と。 ある日その幽霊から、オペラ座支配人のもとに脅迫状が届いた。
「歌姫クリスチーヌ・ダーエを主役に起用せよ」
 しかし支配人はその要求を突っぱねた。 そしてその夜、悲劇は起きた──
 これはこういう話だったのかー、とか、これどうやって舞台で表現してんのかな? とか。 有名な作品だから、そんなことを考えて読んでるだけでも結構おもしろかったです。
 じゃ、内容は? というと、うん、まあ面白かったかな。 前半の、幽霊の謎が全然わからなかった頃のほうが面白くて、後半になっていろいろ分かってきてからは、 それはちょっと無理があるんじゃないかとか、ラウルはスットコドッコイだなぁとか、 いろいろ気になってはしまうのですが、1910年に書かれた当時なら、いろいろ斬新だったんじゃないかなぁ。

« 『グイン・サーガ81 魔界の刻印』(栗本 薫) | トップページ | 『舞踏会の華麗なる終演 暁の天使たち外伝1』(茅田砂胡) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

ミュージカルも良いですよ〜。アンドリュー・ロイド=ウェバーの曲がめっちゃステキです♪
お話は、さすがに原作からはかなり「略」なシーン多いですけどね。怪人の悲恋の物語な部分が強調されてます。
結局怪人がナニモノなのかを知るには、原作読まなきゃって感じですね。

怪人みたいなキャラ好きなんですよ〜。レクター博士とか(笑)・・・身近には居て欲しくないけど(笑)

目ぇ覚ましたら寝られなくなったのでこんな時間に……。

ミュージカルも見て原作も読んでるの? すげえ! へえ~へえ~!
あの、♪じゃ~~、じゃじゃじゃじゃじゃ~~ って曲だよね。ずっとあれを思い浮かべながら読んでました。あの部分しか知らないんだけどね(^^;)。

ロイド=ウェバーといえばその昔、小室哲哉も尊敬する音楽家?のひとりとしてあげていたような気がするなぁ。うろ覚えだけど。
Vis-ageに書いてあったかな? と思ってぱっと開いてみたら、ちょうどCAROLの作曲をする一月ほど前に『オペラ座の怪人』を見たという内容のページでした。へえ~。

怪人がナニモノなのかあんまり分からないってのも、ミステリアスな感じで意外といいかもね。原作では、正体が分かるとツッコミどころも増えてたので……(^^;)。

レクター博士ってハンニバル・レクター博士だよね。あのシリーズもそのうち観たい(読みたい)なぁ。

私も四季の見たけどロイド・ウェバーの曲すごく良かったよ~
幻想的で美しかったな。
原作読まないでミュージカル見たからあんまり分からなくて、
その後原作読んだら「ほえ~」でした。

へえ~へえ~! すごいねぇ。結構みんな観てるもんなんだ。
さすが劇団四季。氣志団とはちょっと違う。

RENTもそうだったけど、ミュージカルって、予備知識なしで一回で理解するのって、難しいものが多いのかなぁ?

私は劇団四季大好きなんだ~♪
でもミュージカルは予備知識なくても楽しめるものが多いと思う。
オススメは「マンマミーア!」と「クレイジーフォーユー」どっちも初めて行っても楽しいよ!
「CATS」と「オペラ座の怪人」は予備知識がないと分からなかったな~。

私は、ミュージカルは、何度見ても楽しめるものだと思うので、予習していくことをオススメします。
知らない音楽に乗った、しらない歌詞、とくに多重奏(?)の場合なんか、全然、聞き取れなかったりするので。
RENT なんか、何回見ても毎回感動できたし(笑) というか、初回は、よくわからないところが多すぎて、
感動が不十分だったと思う(笑) オリジナルキャスト盤 CD を買って聞きまくり、
ストーリーをいろんなところで勉強して臨んだ2年目以降の方が、ずっと楽しめたなぁと思うのです。
・・・まぁ、実はオペラ座の怪人2回、RENT 十数回、しか(?)、ミュージカル経験ないんですが(^^;
説得力ないなぁ(笑)(だって、四季のって高いんだもん(笑))
ストーリーが複雑なのしか行ってないから生まれた経験則かも?(笑)
ちなみに、両方とも、原作とかCDとか楽譜とか買いまくりました(笑) はまりやすいなぁ(笑)
大学時代、バイト先の眼科の先生が家族ぐるみでゴージャスな四季ファンだったので、四季については
いろいろと、経験を伴わない知識はありますけどね(笑)
長くてすみませんm(__)m

あー。せっかく2件もコメントもらったけど遅いのでまた明日ー(;´д⊂)

まおまみーあ:
 「クレイジーフォーユー」って言われても「今……青山通り」のほうしか思い浮かばないのでちょっと検索してみました。ふむふむ。楽しいお話系はストーリーも分かりやすいのかな?
 CATSは「百万回生きた猫」を思い出してみたけどきっと関係ないよね。
 どれもこれだけ有名な作品だから、観たら面白いんだろうなぁ。

劇団けい:
 そうだねぇ。ストーリー知ってても、音楽とか演出とか、いっぱい発見があるもの、なんだろうねぇ。
 うんうん。ぼくもRENTは日本版キャストで一回、来日公演で一回みたけど、2度目のオリジナルキャストのほうが、言葉がわからないにも関わらずより楽しめたよ。ていうか、十数回ってすごいな(^^;)。
 譜面まで買ってるところがすごいハマッてる感じがするよね。ピアノ習ってたとか? バリバリ弾けるのかなぁ。いいなぁ←推測で羨ましがる


ホント、ミュージカルは何度見ても楽しめるよね~。
私は超お気に入りの「クレイジーフォーユー」何回も行ったよ~。その後でオリジナルキャスト盤と四季盤のCD買ったり色々調べてはまった!舞台見ながら台詞言えるくらい。
「オペラ座の怪人」は台詞が聞き取りづらくてちゃんと勉強してからいけばよかったな~って思った。
「マドモアゼルモーツァルト」は初めて見てすぐ理解できて楽しめた(笑)
だから演目によって違うのかな。
楽しいお話系はストーリーもシンプルなのかもしれないね。
四季高いよねぇ。でもC席なら3000円とかで見られるよ♪

なんか、毎年3回ずつくらい行ってたりしてるので、累計では多分・・・(^^;<十数回@RENT
まだ、来日公演には行ったことないのよね〜。ウツ居ないしね〜(あたりまえ(^^;)
GALA公演で、こーじろーエンジェルに膝に座ってもらっちゃったのが、唯一の自慢です(笑)
えんじぇる+こりんずが好きです。い〜しょに〜くらそぉよ〜まも〜って〜あげ〜た〜いずっと〜♪(^_^)
あ、ちなみに、ピアノはほとんど弾けません。バイエルくらいなら弾けるかな・・・(^^;

まお>
四季のC席って、すぐ売れちゃうって聞きました。だいたい、C席、めっちゃすくなくない?会場の一番後ろの二列か三列とかだったのを見たことがあるような・・・S+Aでほとんど4分の3くらいある気がする(笑)

 あはは。ちゃんと改名してくれてるこのノリの良さ! 二人ともステキ極まりないです。

まおまみーあ:
 舞台観ながら台詞言えるくらいってスゴイなぁ。ぼくなんかはEXPOのCRAZY FOR YOUでもうろ覚えかもしれない(^^;)。
 マドモアゼルモーツァルトは観に行ってないんだよねぇ。観たかったな。ていうか、NHKでやってたラジオドラマをCD化して欲しいんだけど、今となってはもう無理かな。たのみこむに頼み込んでるんだけど。
 C席ってそんな安いの? 随分席によって違うんだね。

劇団けい:
 来日公演もよかったよ~。もし今度きたら、観てみてウツと比べてみるのもいいんでない?
 へえ~~。観客席に座る演出なんてあるんだっけね。ぼくは芝居やライブで舞台上のひとにからまれたことはないのですが、そういうことされるとつい贔屓にしちゃったりしそうだよね。あ、えんじぇる+こりんずが好きなのはは別にそういうことじゃないって?(^^;
ぼくなんか、「バイエルくらいなら弾けるかな」の、バイエルがもう分かんないっすよ。伊藤ハムのソーセージか?くらいのイキオイで。いや、言葉としては知ってるけど、バイエルの譜面がわからん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/1225872

この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラ座の怪人』(ガストン・ルルー):

« 『グイン・サーガ81 魔界の刻印』(栗本 薫) | トップページ | 『舞踏会の華麗なる終演 暁の天使たち外伝1』(茅田砂胡) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ