最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« マックグラン | トップページ | DOUBLE DECADE TOUR FINAL in NIPPON BUDOKAN »

『スクール・オブ・ロック』

 そのときデューイは言った
 レッド・ツェッペリンを知らない? 学校は何を教えてるんだ!?
 俺も『天国の階段』しか知らないが、わかったことがあった
 この映画は面白い
 この映画は面白いんだ
 この文章がおかしいことは分かってる
 洋楽の訳詞みたいにやってみたんだ
 失敗
 失敗だ
 この書き出しは失敗だったが
 もう今さら後戻りは出来やしない
 そんな面倒はできないんだ
 いつものように あらすじを書くぜ
 デューイ・フィンは自他ともに認めるロック馬鹿。 友人ネッドの家に居候しながら音楽を続けていたが、 ついに家賃未払いで追い出される寸前に。 おまけにバンドからも首にされ踏んだり蹴ったり。 そんな時、ネッドに代用教員の依頼がきた。 偶然電話に出たデューイは、ネッドになりすまし、名門小学校に潜り込むことに。 期間中を適当にやりすごすつもりだったデューイだが、 そこの生徒たちを見て、あることを思いつく。 この子たちとバンドバトルに出て、優勝してやる……!
 もとに戻るぜ。
 というわけで、面白かったんですよ。最低の男が送る最高のロックコメディ。
 とにかく主演のジャックがスゴイ。 こんなやつ、実際に知り合いにいたらムカついて仕方ないと思うんだけど、 テンポのよさとテンションの高さ、何よりその強烈なパワーでグイグイと引っ張っていきます。
 それに子供たち。デューイの口車に簡単に乗せられてしまう生徒たちが、可愛いやら可笑しいやら。 ハーマイオニーみたいなキャラの委員長と、キーボードのイケてない彼がいいキャラしてます。
 ロックに詳しいと更に面白いけど、詳しくなくても普通のコメディとして充分に面白い。
 見終わった頃には、スクール・オブ・ロックに入学したくなるのでは?

 公式サイト:http://www.schoolofrock-movie.jp/

« マックグラン | トップページ | DOUBLE DECADE TOUR FINAL in NIPPON BUDOKAN »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

この書き出しいいです(笑)
私は、よく、翻訳ものの小説なんかを読んだ後、頭の中で、こういう口調で、いろいろものを考えている自分に気がついたときに、愕然とします(笑)
染まりやすくてね〜(^^;
ごめんなさい。映画に関係なくて(笑)

昨日、一昨日とお疲れ様でした~~。
まだちょっと余韻が抜けてません。

こういう口調で考えてるって結構すごいかも。
テレビなんかだと直接耳に入ってくるから影響されやすいけどね。
キテレツ大百科を見た後でつい口調が変わってることがありませんかラッシャイ。(そっちかよ)
映画や本に直接関係ないコメントも歓迎です。せっかく毎回マクラ書いてるしね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/815503

この記事へのトラックバック一覧です: 『スクール・オブ・ロック』:

« マックグラン | トップページ | DOUBLE DECADE TOUR FINAL in NIPPON BUDOKAN »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ