最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『ローマの休日』 | トップページ | 『人質カノン』(宮部みゆき) »

『春の魔術』(田中芳樹)

 久々に田中芳樹の書くシリーズ作品がひとつ完結して、ビックリして耳がでっかくなっちゃった!
 ……いや、まあ、魔術のイメージで書き出してみたんですけど。その貧困な発想がビックリですよね。そうですよね。

 『春の魔術』『窓辺には夜の歌』『白い迷宮』』と続いてきた、耕平と来夢シリーズの最終巻。 第一巻では未解決のまま脱出することになった、黄昏荘園を舞台にしての大団円です。
 そう聞くと、盛り上がらないわけはなさそうなのですが、なんか、うーん、あっさりしてて、 「はあ、完結したねぇ」って感じ。 悪役はステレオタイプだし、最近の田中作品のパターンどおりという感じ。 もっと面白いシリーズだと思ってたのに残念です。書きたいことがあって書いたというより、 完結させとかないといけないな、って感じで書いてるような、そんな印象を受けました。 それでもそれなりには面白いところはあるので、余計に残念。
 せめて『アルスラーン戦記』だけは、最後まで「面白い!」と言えるままに完結するといいなぁ。だいぶ切実です。

« 『ローマの休日』 | トップページ | 『人質カノン』(宮部みゆき) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/99920

この記事へのトラックバック一覧です: 『春の魔術』(田中芳樹):

« 『ローマの休日』 | トップページ | 『人質カノン』(宮部みゆき) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ