最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 昔の名前で出ています | トップページ | 『メソポタミア殺人事件』(アガサ・クリスティ) »

『ラスト サムライ』

 米航空宇宙局(NASA)は19日、火星無人探査車スピリットが初めて撮影した、大型岩石の接近画像を公表した。中央にある幅数十センチの岩を「サシミ」、右の岩を「スシ」、一帯を「ワサビ地区」と命名した。(→リンク
 いや、適当すぎだろ。
 こんなんでいいなら僕にもネーミングさせて欲しいです。「サムライ地区」の「カツモト」と「ボブ」にしますよ。
 維新以後、急速な西洋化を進める19世紀末の日本。 近代的な軍隊を組織するため、政府はアメリカから南北戦争の英雄オールグレン大尉を招いたが、 急ごしらえの軍は反乱軍の前に脆くも敗れ去った。 オールグレンは捕虜として反乱軍の村へと連れていかれたが、 やがてそこで目にしたものに、深く心を揺り動かされることになる。 それは、“侍”と呼ばれるものたちの、“生き様”だった──
 もう、渡辺謙ですよ。ほんとに。トム・クルーズも格好いいんだけど、今回は渡辺謙の勝ち。 存在感あるわー。まあ、役柄的にもオールグレンを感化させる凄い人なんだけど、 それもあの演技があってこそ説得力があるというもの。助演男優賞とれるといいですね。
 で、映画全体を見てみると、これもイイ。テンポもいいし、殺陣はカッコいいし、映像はキレイだし。 そして何より驚くのが、ちゃんと日本映画しているということ。
 フィクションの割には話が大きいので、“架空の日本”を舞台にしていると考えたほうがいいのでしょうけれども、それでも、この映画で描かれているのは紛れもない日本だという気がします。
 と、いうわけでオススメ映画です。以下はネタバレ。
 ひとつ気になったっちゃったのが、オールグレンと たかのキスシーン。 あれはナシにして、表情と仕草だけで表現してくれたら本当によかったなぁ……。 そこまでやってもよかったと思います。
 福本清三が演じる《寡黙なサムライ》。すごいカッコイイ。 最後のシーンはちょっと来ました。 はじめての台詞が「オールグレンさん!」で、直後に斬られてしまうなんて……。 オールグレンが未だ「ボブ」と呼んでるのにちょっと笑いもありつつも、だいぶ涙腺を刺激され。
 そして勝元の最期。時世の句も英語だったりしてどこまでインテリなんだって感じなんですが、 ほんとここはやられました。オールグレンが生き残ってるのはちょっと都合よすぎないか?  とか思ったりもするんだけど、そういうツッコミと別のところで泣けちゃう自分がいるんですよね。


『ラスト サムライ』
監督:エドワード・ズウィック/主演:トム・クルーズ
公式サイト:http://www.lastsamurai.jp/

« 昔の名前で出ています | トップページ | 『メソポタミア殺人事件』(アガサ・クリスティ) »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/145864

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト サムライ』:

» 火星に『スシ』と『サシミ』 [たなぼた]
いま火星では米NASAの無人火星探査車『スピリット』が活動を続けているが、伝えられるところでは発見した岩石に『スシ』、『サシミ』、辺り一帯を『ワサビ地区』と名付... [続きを読む]

« 昔の名前で出ています | トップページ | 『メソポタミア殺人事件』(アガサ・クリスティ) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ