最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『まっ白な嘘』(フレドリック・ブラウン) | トップページ | 赤鼻のトナカイ »

『覆面作家の夢の家』(北村 薫)

 今日はなかなか暖かい、いい天気でした。
 こんな小春日和の穏やかな日には~、コマルハナバチが飛び出してくるかもしれません。
 はぁ? と思われそうですが この蜂、なかなか可愛いやつらしいんですよ。
 昆虫なので当然 寒さには弱いのですが、冬でもちょっと暖かい日があると「よおしっ」と飛び出してしまうんだそうです。でも、やっぱり寒さに負けて途中で「ぽとん」と落ちてしまう。 それで日が射したりして暖かくなると、また元気になって「ぶうん」と飛んでいくんだっていうんですが、野生の割りにカンが悪いっていうか、調子者っていうか、なんかいいキャラしたやつだと思います。

 そんなコマルハナバチの話も載ってるこのお話。覆面作家シリーズの完結編です。
 姓は"覆面"、名は"作家"。 本名 新妻千秋さんは、天国的な美貌と明晰な頭脳を持つ推理作家。そして、一部では名探偵として有名だ。 ある日、その推理力を見込んだ先輩作家から不思議な依頼が舞い込んだ。 それは、ドールハウスの中で起きた殺人事件のダイイングメッセージを解いて欲しいというものだった──
 これが『覆面作家の夢の家』。他に『覆面作家と謎の写真』『覆面作家、目白を呼ぶ』の二編が収録されています。  人が死なない殺人事件っていうのが、ほのぼのとしていいですね。 『名探偵コナン』なんか毎週人が死んでますが、そうそう殺人なんて起きてたまるかっちゅー話ですよ。 そしたらこんなのも、アイデアだし、作風ですよね。
 物語としてもハッピーエンドを迎えて、素直によかったなと思える作品でした。

« 『まっ白な嘘』(フレドリック・ブラウン) | トップページ | 赤鼻のトナカイ »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/40572

この記事へのトラックバック一覧です: 『覆面作家の夢の家』(北村 薫):

« 『まっ白な嘘』(フレドリック・ブラウン) | トップページ | 赤鼻のトナカイ »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ