最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『宇宙のランデヴー』(アーサー・C・クラーク) | トップページ | ヨーグルト »

『マトリックス レボリューションズ』

 革命を起こさなければならない。たとえそれで、自分が不利な立場に立たされるとしても。
 人生には何度かそんな機会が巡ってきます。
 そう、それは例えば、大貧民をやっているとき。ついつい革命おこして負けちゃうんだなぁ。

 そんなわけで観てきました。マトリックスの完結編『マトリックス レボリューションズ』。
「Mr.Anderson. Welcome back. We missed you.」
 というスミスの台詞がピッタリくるくらい、期待して待ってました。
 と、言う割りには全く復習していかなかったので、冒頭では「あれ? あれ?」と疑問符の嵐。 前作までのあらすじとか何もなしでイキナリ始まるので、これから観に行く人は予習をしていったほうが いいですぜ。
 で、感想は……。これから観るひとも多いと思うので、ネタバレで。
 で、感想は……。正直ちょっと、ガッカリかなぁ。期待が大きかっただけに。
 舞台をマトリックスから現実へ移しての戦闘シーンがメイン。 それは前作からの流れとして当然そうなるべきなんだけど、みんなが観たいのはそこじゃない。 観たいのは、ネオの見せる超人的な力でしょ? トリニティやモーフィアス達のアクションや、 スミスのオデコでしょ?
 ミフネのおっさんが頑張るザイオンの戦闘シーンも、それなりに凄いんだけど、 ちょっと長すぎてダレるんだよね。ネオまだー?
 ようやく場面がネオたちのほうにうつると、現実でも《覚醒》したネオの力が炸裂。 センティネルをズバズバやっつけながら進んでくれて期待をさせてくれます。 ここで一瞬だけ雲の上に出るシーンは結構好き。 「ここが《現実》だったんだ」ということを思い出させてくれます。
 で、悲しいシーンを乗り越えてようやく敵の本拠地へ乗り込むと、いきなりイガイガのラスボスが!  はやっ! RPGで最後の城に入ったら玄関で魔王が待ってたみたいなもんですよ。 どうなんだそれは。
 そこでネオがどう出るのかと思ったら──え? 和平交渉? バグを取るから停戦しようって?  えー?
 まあいいか、これでやっとスミスとの対決が観られるんだ。 と思ったら──今回ウォシャウスキー監督が「新しい表現」と言ってたのは 実写ドラゴンボールだったようです。初めて観るのに強い既視感。 いや、スミスとの対決は楽しいんだけど、もっとパワーアップした表現が観たかったのが正直なところ。 100人スミスの空中戦だったら楽しかったかもしれないなぁ。
 そして最後。よく分からない力によってスミスを倒したネオをささえる敵のボス。 グッタリしたネオを触手で支えるその姿は──ナウシカだぁ。ラン、ランララランランラン。
 そんなわけで停戦が実現したわけなんだけど、人間たちが圧倒的に不利なのは相変わらず。 マトリックス三部作は終わったけど、まだこの世界でいくらでも作品つくれるよ、ってことなのかなぁ。
 観終わって間もないので久しぶりに長々と感想を書いてみました。
 一言でまとめると、完結したのはよかったけど、カタルシスが足りない、というところかな。 本当に好きな作品になりそうだったのに、勿体無いです。

11/30 追記:
 あのイガイガのラスボスの名前が「デウス・エクス・マキナ」だということを今日知りました。 やっぱりねー。作った側も分かっていたんだね。
 と言っても何だか分からないひとの方が多いと思うので一応説明しておくと、 「デウス・エクス・マキナ」というのはラテン語で、直訳すると「機械仕掛けの神」。 さらに「古代の演劇で、唐突に宙吊りの乗り物に乗った神が現れ、急場を解決してしまうこと── 転じて、難問の回答を安易に神にゆだねてしまうこと」という意味もあるそうです。 うわー、ぴったり。ちょっと納得しかけちゃうんだけど、 なんでこの話がデウス・エクス・マキナな終わり方をしなきゃいけないのかは相変わらず分からない。
 eiga.comとか読んだりしても わからない。うーん。


『マトリックス レボリューションズ』
監督:ラリー・ウォシャウスキー&アンディ・ウォシャウスキー/主演:キアヌ・リーブス

« 『宇宙のランデヴー』(アーサー・C・クラーク) | トップページ | ヨーグルト »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25076

この記事へのトラックバック一覧です: 『マトリックス レボリューションズ』:

« 『宇宙のランデヴー』(アーサー・C・クラーク) | トップページ | ヨーグルト »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ