最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

『宮本武蔵』(吉川英治)

 新聞紙を丸めた剣なんかでも、 二本あると「二刀流!」なんつって強くなったような気がしていた子供時代。
 最近の子供は口にもくわえて「三刀流!」とかやってんでしょうか。 よだれで大変なことになりそうで、お母さん大変だなぁ。

 というわけで、二刀流と言えばこの人、宮本武蔵。 刀の作りの差もあるのかもしれないけど、海外では二刀流ってあんまり聞かないですね。 やっぱり難しいのかな。
 さて実在の人物であり、二天一流の開祖であり、画家としても高名な宮本武蔵。 フィクションも交えつつ、この武蔵の半生を描いたのがこの作品ですが、面白いよー。
 寡黙で強くて不器用な主人公。美形だけど冷酷なライバル。可憐なヒロインとのすれ違い。 トラブルメーカーの少年。日本のエンタテインメントの王道がギュッと詰まってる。 実在の人物を描いた作品を読んでると、よくもこう見てきたような嘘をかけるな、と思うんだけど、 面白いからまあいいか。
 同じ吉川作品でも、日本を舞台にしてる分『三国志』よりもずっと読みやすいです。ご一読あれ。
 一巻ごとに一言感想ネタバレ。
『地の巻』
 まだじたばたしてるから地の巻かな。武蔵はまだかなりの悪たれです。
『水の巻』
 流れはじめたから水の巻?  ム。とか言っちゃってすっかり寡黙な武者修行キャラです。 いきなりこんなに変わるとは……。 そして強くてストイックな主人公には少年キャラがつきもの。城太郎登場。
『火の巻』
 ついに佐々木小次郎登場。なんか必ず動物を連れて登場するんだね。
 そしてお杉最強伝説。この婆さんが戦闘に参加するとは思わなかったよ……。 格ゲーだったら飛び道具キャラとして活躍してくれそうです。
『風の巻』
 この巻ではじめてバトルらしいバトルが! 有名な一乗寺下り松での戦闘です。 ライトファンタジーなんかだと100人や200人あっという間に倒すけど、 これはリアリティがあるなぁ。
 そして小次郎のイヤなやつっぷりが発揮されてきました。又八のことは放っておきたい。
『空の巻』
 もっと必死にお通を探せよ! と思ったのは僕だけではないはず。
 それから唐突に二番弟子・伊織登場。なんか、城太郎に比べて随分優遇されてない?  ずるいんでない?
『二天の巻』
 ついに二刀流、開眼!?  ということよりも、久々に登場した城太郎が立派な不良息子(本人自覚なし)になっていたことのほうが ショッキング。やれやれだぜ。武蔵は育て方を間違えたねぇ。
『円明の巻』
 ついに完結。まさに大団円という感じ。いままでのキャラが総登場。 お通の件にも決着がついて、それまでちょっとイライラしたりもしてたんだけど、 なんかホロっとしちゃったりして。
 そして、盛り上げて盛り上げて、舟島での決闘。 巌流島っていうのは後からついた名前なんですね。負けた小次郎の名がついたっていうのが 面白いところだけど。それから、この戦いでは二刀流じゃなかったのも驚きました。 終わり方もここで終わるしかないってところで終わって、堪能しました。

ヨーグルト

 YO! YO!  俺は栃木生まれHIP HOP育ち。だから毎日

 

 更に

 


 なんでこう中途半端なのかな、ファミマのレシート。

『マトリックス レボリューションズ』

 革命を起こさなければならない。たとえそれで、自分が不利な立場に立たされるとしても。
 人生には何度かそんな機会が巡ってきます。
 そう、それは例えば、大貧民をやっているとき。ついつい革命おこして負けちゃうんだなぁ。

 そんなわけで観てきました。マトリックスの完結編『マトリックス レボリューションズ』。
「Mr.Anderson. Welcome back. We missed you.」
 というスミスの台詞がピッタリくるくらい、期待して待ってました。
 と、言う割りには全く復習していかなかったので、冒頭では「あれ? あれ?」と疑問符の嵐。 前作までのあらすじとか何もなしでイキナリ始まるので、これから観に行く人は予習をしていったほうが いいですぜ。
 で、感想は……。これから観るひとも多いと思うので、ネタバレで。
 で、感想は……。正直ちょっと、ガッカリかなぁ。期待が大きかっただけに。
 舞台をマトリックスから現実へ移しての戦闘シーンがメイン。 それは前作からの流れとして当然そうなるべきなんだけど、みんなが観たいのはそこじゃない。 観たいのは、ネオの見せる超人的な力でしょ? トリニティやモーフィアス達のアクションや、 スミスのオデコでしょ?
 ミフネのおっさんが頑張るザイオンの戦闘シーンも、それなりに凄いんだけど、 ちょっと長すぎてダレるんだよね。ネオまだー?
 ようやく場面がネオたちのほうにうつると、現実でも《覚醒》したネオの力が炸裂。 センティネルをズバズバやっつけながら進んでくれて期待をさせてくれます。 ここで一瞬だけ雲の上に出るシーンは結構好き。 「ここが《現実》だったんだ」ということを思い出させてくれます。
 で、悲しいシーンを乗り越えてようやく敵の本拠地へ乗り込むと、いきなりイガイガのラスボスが!  はやっ! RPGで最後の城に入ったら玄関で魔王が待ってたみたいなもんですよ。 どうなんだそれは。
 そこでネオがどう出るのかと思ったら──え? 和平交渉? バグを取るから停戦しようって?  えー?
 まあいいか、これでやっとスミスとの対決が観られるんだ。 と思ったら──今回ウォシャウスキー監督が「新しい表現」と言ってたのは 実写ドラゴンボールだったようです。初めて観るのに強い既視感。 いや、スミスとの対決は楽しいんだけど、もっとパワーアップした表現が観たかったのが正直なところ。 100人スミスの空中戦だったら楽しかったかもしれないなぁ。
 そして最後。よく分からない力によってスミスを倒したネオをささえる敵のボス。 グッタリしたネオを触手で支えるその姿は──ナウシカだぁ。ラン、ランララランランラン。
 そんなわけで停戦が実現したわけなんだけど、人間たちが圧倒的に不利なのは相変わらず。 マトリックス三部作は終わったけど、まだこの世界でいくらでも作品つくれるよ、ってことなのかなぁ。
 観終わって間もないので久しぶりに長々と感想を書いてみました。
 一言でまとめると、完結したのはよかったけど、カタルシスが足りない、というところかな。 本当に好きな作品になりそうだったのに、勿体無いです。

11/30 追記:
 あのイガイガのラスボスの名前が「デウス・エクス・マキナ」だということを今日知りました。 やっぱりねー。作った側も分かっていたんだね。
 と言っても何だか分からないひとの方が多いと思うので一応説明しておくと、 「デウス・エクス・マキナ」というのはラテン語で、直訳すると「機械仕掛けの神」。 さらに「古代の演劇で、唐突に宙吊りの乗り物に乗った神が現れ、急場を解決してしまうこと── 転じて、難問の回答を安易に神にゆだねてしまうこと」という意味もあるそうです。 うわー、ぴったり。ちょっと納得しかけちゃうんだけど、 なんでこの話がデウス・エクス・マキナな終わり方をしなきゃいけないのかは相変わらず分からない。
 eiga.comとか読んだりしても わからない。うーん。


『マトリックス レボリューションズ』
監督:ラリー・ウォシャウスキー&アンディ・ウォシャウスキー/主演:キアヌ・リーブス

『宇宙のランデヴー』(アーサー・C・クラーク)

 某 沖縄で開催されたイベントの元ネタとなっているこの作品。 てっきり原題は『Rendezvous In Space』なんと思ってたら 『Rendezvous With Rama』が正解でした。なんだよラーマって。奥様インタビューか(古い)。
 西暦2130年、太陽系内に突如として謎の物体が現れた。 直径20km、自転周期4分という巨大な金属の円筒。 エンデヴァー号とその乗組員は“ラーマ”と名づけられたその物体の調査を開始した──
 まあストーリー自体は意外とシンプルなんだよね、この話。
 ラーマの中でいろんなことが起きて、語り口が上手いのでドキドキするんだけど、 それでも全体の構成自体はとてもシンプル。そう思って油断していると最後の最後に──!
 というわけで、さすがは巨匠という作品でした。

『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』

 なんかこの二作目が封切りされたとき、ちょっと意外なほどに盛り上がってた気がします。なんでかなー。 一作目が出来がよかったおかげかも。
 二作目なので あらすじは省略。
 今作のスタートは、いきなり戦闘シーンから。原作と比べても大迫力。やっぱり映像はいい出来だなぁ。
それからちょっとして気づいたのは、日本語訳が一作目よりも原作(日本語版小説)寄りになっているということ。原作ファンには嬉しい路線変更だと思うけど、映画しか見てない人は余計に混乱しないか心配なところもあります。
 ただ、キャラの名前なんかはもう変えられないのでゴラムゴラムのくだりは意味不明。 原作(日本語訳)ではゴラムは「ゴクリ」という名前で、喉を鳴らす音から名づけられたという設定なのですが、映画じゃ全く分からないよなぁ。
 その他に思ったのは、やっぱりアラゴルンとレゴラスがいい役もらってるなぁというところ。 まあ、ホビット達じゃ女性ファンが付かないしってのは分かるのですが、 アラゴルンの恋愛事情?みたいなものはもっとサラっとやっていいんじゃないかと思います。
 ちなみにタイトルの「二つの塔」ってどれのことよ? と思ったひとも多いと思うので調査結果を。 ひとつはサルーマンが住むイセンガルドのオルサンクで、 もうひとつはサウロンの居るバラド=ドゥアだそうです。 何度か目玉は出てきてたけど、ちょっと分かりにくいよね。
 総じて、よく出来ているけど、映画だけだと分かりにくい映画、という印象です。 原作を読む気がないひとはパンフとかで頑張ってー。

『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』
監督:ピーター・ジャクソン/主演:イライジャ・ウッド

『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』

 言わずと知れた『指輪物語』(J・R・トールキン)の映画版。
 随分 長い名前でメジャーになっちゃったのでちょっと呼びづらいです。
 どうせ呼びづらいんだから、ちゃんと『The Lord Of The Rings』と複数形にしておいて 欲しかったと思っているのは僕だけではないはず。 この話で、指輪を複数で呼ぶか単数で呼ぶかっていうのは、大きな問題だと思うんだけどねぇ。
 ホビット庄のフロド・バギンスが、叔父のビルボから譲り受けた魔法の指輪。 それは「ひとつの指輪」──冥王サウロンがその強大な魔力を注いで作り上げた、恐るべき指輪でした。 もし再びこれがサウロンの手に渡れば、世界は闇と絶望に支配されるでしょう。 指輪を処分する方法はただ一つ、火の山・オロドルインの火口にそれを投げ込むこと。 フロドは仲間たちとともに、指輪を捨てる旅に出るのでした──
 というわけで、タイトルには文句をつけましたが、映像的には申し分のない出来。 配役も、ホビット達以外はほぼイメージ通りかな。
 例によって観てから感想を書くまでに随分と間を空けてしまったのでかなり忘れてしまっているのですが、 ひとつ印象に残ってるシーンがあります。  指輪の魔力に取り付かれたビルボが「シャーッ!」って物凄い形相になるところ。 あそこが一番面白かったです。そこかよ。

『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』
監督:ピーター・ジャクソン/主演:イライジャ・ウッド

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ