最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『アタック・ナンバーハーフ』 | トップページ | 『ブラウン神父の童心』(G・K・チェスタトン) »

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(J・K・ローリング)

「生徒たちが、次々と医師になっていった──」
 んだったら、おめでとうっちゅー話だけどね。石でした。
 意地の悪いダーズリー一家から解き放たれる、待ち焦がれた新学期。 しかしハリーは、「ホグワーツに戻ってはならない」と警告する“屋敷しもべ妖精”ドビーのおかげで 旅立つ前から散々な目にあってしまう。 やっとの思いで魔法学校へ辿り着いたハリーだったが、 そこには恐ろしい事件が待ち受けていた。 生徒たちが、次々に石になっていったのだ。 そしてその犯人であるという疑いが、ハリーの上に──
 子供向けと言えども意外にダークなところがあって、そこがまた受けるのかもしれませんね。 ハリーが、自分でも分からない自信の秘密について思い悩むところなんかは、なかなかドキドキさせる展開。 自作以降の伏線にもなっているようですし。
 しかしダーズリー一家に苛められるシーンはまだ必要なんでしょうか?  3巻でもまだ長々と出てくるようだと、ちょっとくどいなぁ。

« 『アタック・ナンバーハーフ』 | トップページ | 『ブラウン神父の童心』(G・K・チェスタトン) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25067

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(J・K・ローリング):

« 『アタック・ナンバーハーフ』 | トップページ | 『ブラウン神父の童心』(G・K・チェスタトン) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ