最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『ヴィドック』 | トップページ | 『堪忍箱』(宮部みゆき) »

『戦闘妖精・雪風』(神林長平)

 むかーしむかし、まだWindowsもなかった時代。 あるところに『シルフィード』というシューティングゲームがありました。 そのモデルにもなったのが、この小説。
 南極大陸に突如として現れた巨大な柱。 それは、異星体ジャムが地球侵略のために作った超空間通路だった。 激しい戦闘の末、通路を逆に突破することに成功した人類は、 その先にあった惑星フェアリイに前哨基地を設立した。 フェアリイ空軍最強の戦闘機・シルフィードのパイロットである深井零は、 愛機「雪風」とともに非情な任務を繰り返していたが、 やがて、その愛機の存在から微妙な疑問を感じ始める。 この戦いに本当に必要なのは人間なのか、それとも──
 面白い。これが84年の作品だからカッチョいいよなぁ。 その頃は小学生だったけど、 80年代っていうのは文化でも技術でも、新しいものがいっぱい出てきて面白い時代だったと思います。
 序盤はやけにハードボイルドな世界が続くので戸惑うひともいると思うけれど、 ちょっと頑張って読めば、SFの醍醐味とも言える、謎解きのカタルシスと戦慄を味わえると思います。 誉めすぎかな。いっぱい伏線が張ってあることもあって驚愕のラスト!ってほどではないんだけど、 そこに至るまでの筆力とかなんとかで、カッチョよくかつ面白い作品だと思います。
 続編が出てるみたいなので読まなきゃ。

« 『ヴィドック』 | トップページ | 『堪忍箱』(宮部みゆき) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25063

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦闘妖精・雪風』(神林長平):

« 『ヴィドック』 | トップページ | 『堪忍箱』(宮部みゆき) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ