最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『バックドラフト』 | トップページ | 『ヴィドック』 »

『マイノリティ・リポート』(フィリップ・K・ディック)

「次にお前は『そんなバカな』と言う」
「そんなバカな……ハッ!」

 要するにこういう話です。マイノリティ・リポート。
『マイノリティ・リポート』
    犯罪予防局長官が予知分析カードに見たのは、自分自身の犯罪予知だった
『ジェイムズ・P・クロウ』
    ロボットが世界する支配。人間で唯一〈テスト〉に合格し続ける男がいた
『世界をわが手に』
    外世界に新しい生命を見出せなかった人類は、〈世界球〉に夢中になった
『水蜘蛛計画』
    質量復元の公式を得るため、移住局は1954年から予知能力者を連れてきた
『安定社会』
    ベントンの発明は拒否された。しかし彼自身、それに覚えがなかったのだ
『火星潜入』
    地球への最終便にテロリストが乗っている。しかし嘘発見器の反応はなく
『追憶売ります』
    火星への渇望を抑えきれないクウェールは〈記憶〉を買おうとするのだが
 昨年トム・クルーズ主演で映画化された表題作。 二転三転するスピード感が面白いんだけど、 映画にするには短いので、映画版では結構な脚色が加えられているんだろうなぁ。見なきゃ。
 ちなみに『追憶売ります』はシュワちゃんが出てた映画『トータル・リコール』の原作。 これも随分違う話だったけど映画版も面白かった(映画版のほうが面白かったかも?)ので、 比較してみるのもいいかも。
 ディックといえば『ブレードランナー』原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』なんだけど、 これをまだ読んでないんだよね。そのうち読まなきゃ。

« 『バックドラフト』 | トップページ | 『ヴィドック』 »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25061

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイノリティ・リポート』(フィリップ・K・ディック):

« 『バックドラフト』 | トップページ | 『ヴィドック』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ