最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『猟奇的な彼女』 | トップページ | 『スター・ウォーズ エピソード2』 »

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』(京極夏彦)

 日本の夏、金鳥の夏。
 日本人の頭に深く刻み込まれたフレーズですが、ところで金鳥って何?  調べてみたら、こんな由来がありました。へーへーへー。
 てっきり姑獲鳥の仲間かと思ったのですが(失礼な)。
 京極堂こと中禅寺秋彦は、古本屋の主でありながら神社の神主でもあり、 また憑物落としという一風変わった副業も持っている。 作家である関口巽は、小説のネタに詰まったり、何かおもしろそうな事件があったりする度、 彼のもとを訪れては長い雑談をするのであった。 今回の事件は、東京・雑司が谷にある医院の娘が二十ヶ月もの間子供を身籠っており、 その亭主が密室から煙のように消えたというものだった。しかし京極堂はいつものようにこう言った。 「この世には不思議なことなど何もないのだよ──」
 一回感想書いてるんですが、 今度は文庫版で再読です。
 二度目でも面白い。ミステリとしてはある意味 非常識なトリックが使われているので、 それを知ってしまってから読むとどうなんだろう?とか思っていたのですが、 伏線の巧みさと、そこに至るまでの道筋、登場人物の魅力 (榎木津のポジションとかも、改めて読むと絶妙)などで飽きさせません。
 文庫版を出すに当たって「文章が頁をまたがない」というこだわりのために、 全面的に修正が加えられているようです。 それはそれで嬉しいのですが、でもその時間は、新作を書くほうに費やして欲しいなぁ……。

« 『猟奇的な彼女』 | トップページ | 『スター・ウォーズ エピソード2』 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25042

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』(京極夏彦):

» 姑獲鳥の夏 [いつもの場所で]
「うぶめのなつ」京極夏彦 著 図書館で借りてこようと思った時間にはもう閉まってるし、 明日休みだし借りてこよ♪って思ったら定休日じゃ〜ん(涙 「読みた... [続きを読む]

« 『猟奇的な彼女』 | トップページ | 『スター・ウォーズ エピソード2』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ