最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« くしゃみ | トップページ | 『天使にラブソングを2』 »

『指輪物語 旅の仲間』(J・R・R・トールキン)

 指輪と言えば?  ということで思いついたのがロッテの『ジュエルリング』。 はいはい、指輪と縁のない生活を送ってるもんで。
 ネタ探しにとりあえず検索してみたところ、衝撃的な事実を知ってしまいました。 ジュエルリングはもう売ってないらしいです。ショック。
 『たのみこむ』で リクエスト受付中みたいなので、ショックを受けた人はリクエストしてみてください。

 てなわけで指輪物語。『ロード・オブ・ザ・リング』って言ったほうが通りがいいかな。
 ホビット庄のフロド・バギンスが、叔父のビルボから譲り受けた魔法の指輪。 それは「ひとつの指輪」──冥王サウロンがその強大な魔力を注いで作り上げた、恐るべき指輪でした。 もし再びこれがサウロンの手に渡れば、世界は闇と絶望に支配されるでしょう。 指輪を処分する方法はただ一つ、火の山・オロドルインの火口にそれを投げ込むこと。 フロドは仲間たちとともに、指輪を捨てる旅に出るのでした──
 というわけで、北欧ファンタジーの王様的なこの話。
 実は以前にも一度読もうとして挫折したことがあるのですが、 最初の数十ページは、やったら面倒くさい話が続くんですよ。 ホビット族と中つ国の歴史みたいな話が延々と。 昔はそこで挫けてしまったのですが、大間違いでした。 そんなところは適当に素っ飛ばして読んでやると、面白いストーリーが待ってます。 ああ、なんだ面白いじゃん。 途中にも何度か歴史みたいな話とか、あと長い詩の部分なんかがあるのですが、 その辺もバンバン斜め読みしつつ物語だけを読んでいくと、面白い。
 恐ろしい敵に襲われたりするシーンもあるのですが、それよりもハラハラするのが、 指輪が持つ力に惹きこまれそうになりつつも、必死で抵抗するフロドの戦い。 このへんがいい。
 何かを手に入れるために旅立ったのではなく、ある物を捨てに行くために旅立つというのも、 なんかカッチョよくないすか?

« くしゃみ | トップページ | 『天使にラブソングを2』 »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25164

この記事へのトラックバック一覧です: 『指輪物語 旅の仲間』(J・R・R・トールキン):

« くしゃみ | トップページ | 『天使にラブソングを2』 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ