最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『隋唐演義 二 隋の煬帝ノ巻』(田中芳樹 編訳) | トップページ | 『裏稼業』(ジョン・グリシャム) »

傘盗られる

 傘を盗られました。
 もうコンビニの傘立てなんて信じない。濡れてようが何だろうが持って入りますよ、もう。
 それにしても、ついさっきまで自分のものだった傘が、 いまはもう傘泥棒のお役に立っちゃってるのかと思うと腹が立ちます。 私たちの仲って、その程度のものだったの? とか問い詰めたい。
「忠臣は二君に使えず」
 という言葉のとおり、盗られたら自害して果てる傘ってのはどうでしょうか。 傘泥棒の頭上には血の雨が降り注ぐことになるのです。フフフ。

 二年前と同じようなネタですが、月日がぼくをダークにしたようです。 フフフ。

« 『隋唐演義 二 隋の煬帝ノ巻』(田中芳樹 編訳) | トップページ | 『裏稼業』(ジョン・グリシャム) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 傘盗られる:

« 『隋唐演義 二 隋の煬帝ノ巻』(田中芳樹 編訳) | トップページ | 『裏稼業』(ジョン・グリシャム) »

ブログパーツ



2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ