最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『完訳 封神演義 下』(許仲琳 編) | トップページ | 首にネギ »

『星を継ぐもの』(ジェイムズ・P・ホーガン)

 「本当にこのひと地球人か」と思わされるひとって、ときどきいるよね……。
 あ、喉をトントン叩きながら喋るひとのことじゃないっすよ。
 月面で死体が発見された。 死体はすぐさま地球の研究室に運ばれ綿密な調査が行われたが、やがて判明したのは驚くべき事実だった。 彼は、五万年以上も前に死んでいたのだ。 五万年前に人類が月に到達していたはずがない。 しかし、彼の肉体はほとんど現代人のそれと変わらないものだった。 果たして、この男の正体は異星人なのか。それとも──
 この本、以前に読んだことがあったのに、忘れてまた借りてきてしまいました。 いや、読んだような気もしたんだけど……。
 と言っても、決してつまらないわけではない。それどころか、再読でも面白いっすよこれは。
 何かが解決されるたびに産まれる新たな謎。それを科学的に解明していく手法と思考。 ミステリ的な面白さもあって、そのカラクリはSFならではの壮大なもの。 登場人物も魅力的だし、謎解きしながら読むひとには楽しいっすよきっと。
 こんだけ誉めても「何をいまさら」と言われるくらい有名な本らしいですけど。

« 『完訳 封神演義 下』(許仲琳 編) | トップページ | 首にネギ »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25117

この記事へのトラックバック一覧です: 『星を継ぐもの』(ジェイムズ・P・ホーガン):

« 『完訳 封神演義 下』(許仲琳 編) | トップページ | 首にネギ »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ