最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『インビジブル』 | トップページ | 目薬 »

『宇宙消失』(グレッグ・イーガン)

 問題です(ズチャッ)。十円玉2枚を使って、千円札1枚を完全に隠してください。
 答えはCMの後! つーか伏字で。

 答え。十円玉2枚を使って両目をふさぎます。

 ってことで、消すのは意外と簡単だというお話(?)。 
 西暦2034年、空から星が消えた。 冥王星軌道の倍ほどもある巨大な暗黒の球体が、突如として太陽系を包み込んだのだ。 人々は《バブル》と呼ばれるようになったその球体の正体と出現の原因を探ったが、何一つ確実なことはわからなかった。 世界は一時パニックに襲われたが、やがて人々は日常を取り戻し、世界は宇宙を失ったまま33年の歳月を重ねた。 ある日、元警察官のニック・スタヴリアノスは匿名の依頼人から仕事を受けた。 厳重な警戒のもとにある病院から誘拐されたある女性の捜索。一件簡単な事件と思われたが、 やがてそれはこの世を揺るがす恐るべき真実へとつながっていく──
 すげー。これこそまさに「理論のアクロバット」。しかもウルトラC級です。 よく「騙されたと思って××してみな」とか言いますが、 この話だと「騙されたと思って騙されてみな」とか言ってみたくなります。 騙されてみないと読めないよなぁこれ。
 『順列都市』と対をなすような話だったけれど、納得度はこっちのほうが上。 サイバーパンクとかSFが好きな人になら是非オススメしたい本です。 そういうのを読みなれていない人にはちょっとツライかも。

« 『インビジブル』 | トップページ | 目薬 »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25210

この記事へのトラックバック一覧です: 『宇宙消失』(グレッグ・イーガン):

« 『インビジブル』 | トップページ | 目薬 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ