最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『本所深川ふしぎ草紙』(宮部みゆき) | トップページ | 『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子) »

『東亰異聞』(小野不由美)

♪あなたーの燃える手でーわたしーを抱きしめてー
「それって火炎魔人じゃん!」
 こんなワケの分からないツッコミをしてしまうのは、この本を読んでたせいです。
 帝都、東亰とうけい。 江戸みなとから始まって、 時代の力を糧に肥大しつづけたこの地が、従来の呼称「江戸」から「東亰」へと名を変えて二十九年が経つ。 文明開化の波は都の景色を一変させたが、それも全ての闇を払うものではなかった。 近頃、巷では怪しげな者たちの噂が絶えない。 人魂売り、居合抜き、首遣い、火炎魔人に闇御前。 そして、それらを闇から見守る黒衣の人形遣い。 帝都日報の記者である平河新太郎は、浅草に住まう便利屋・万造とともに、 事件の真相をつきとめようとするが──
 「東京とうきょう」じゃなくて 「東亰とうけい」なのがミソ。 東京のようで東京ではない、しかし、全く別の地であるとは言いきれない──ってなところでしょうか。
 小野不由美の作品なのでホラーかファンタジーか、と思いながら読んでいたのですが、 どうやら犯人がいるらしい。実は純粋なミステリなのかなと思って読んでいると今度は……。 ってな感じでどっちを信じていいか分からないんだけど、結局どっちなのかは、まあ自分でどーぞ。
 人形遣いと文楽人形といい、美少年・たすくといい、 いかにもなキャラだなぁと思ってたらやっぱりシリーズ化するような気配が。 今回はキャラ見せだったのかな。
 ラストでの東亰の街の描写は印象的でした。
 以下ネタバレ。
 闇御前と火炎魔人が産まれたその理由。 たしかにびっくりはしたけど、はた迷惑な話だなぁ。 いくら兄弟だと言っても、そんなこと二人で考えるかぁ?  関係ないのに殺された人の身にもなって欲しいもんです。自分が死を覚悟してるからなんてのは関係ないです。 直なんかもっとしっかりものだと思ってたのに全くもう。
 大団円では万造が正体をあらわしたことで この話全体がひっくり返るほどの顛末を迎えるわけですが、 このことによってミステリとしての構造が壊れちゃった印象を受けてしまうのがちょっと残念でした。
 次の巻からのほうが面白くなりそうかな。

« 『本所深川ふしぎ草紙』(宮部みゆき) | トップページ | 『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25287

この記事へのトラックバック一覧です: 『東亰異聞』(小野不由美):

« 『本所深川ふしぎ草紙』(宮部みゆき) | トップページ | 『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ