最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) | トップページ | 『三国志 第八巻 図南となんの巻』(吉川英治) »

『三国志 第七巻 望蜀の巻』(吉川英治)

 帰りの電車で集中して読んでたら降りる駅を乗り過ごしました。おのれ吉川。

 赤壁の戦いに始まって、劉備軍の荊州獲り、老将黄中の登場、鳳雛の出盧、馬超と曹操の戦い、 そしてようやく劉備が蜀を獲ろうとするところまで。
 以下は早速ネタバレ感想です。
 うう……曹操が惨めすぎる。
「孔明も大したことねーなー。うははは」
 と、笑っちゃやられ、笑っちゃやられ。馬超にやられたときは髭切ってまで逃げる始末。 どーなのアンタって感じですが、ここまで負けてもまた盛り返すところはやっぱり凄いかも。
 一方の玄徳は漸く、本当に漸く蜀を取る気になったけど、遅いよ! もう。

« 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) | トップページ | 『三国志 第八巻 図南となんの巻』(吉川英治) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『三国志 第七巻 望蜀の巻』(吉川英治):

« 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) | トップページ | 『三国志 第八巻 図南となんの巻』(吉川英治) »

ブログパーツ



2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ