最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『絡新婦の理じょろうぐものことわり』(京極夏彦) | トップページ | 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) »

『三国志 第六巻 赤壁の巻』(吉川英治)

 やっばい。読書記録が4冊分もたまってます。忘れ気味~。
 ええと、読み返してみると── 孔明の出盧しゅつろに始まって、 呉が何だか蠢動してて、新野の戦いがあって、趙雲の名場面・単騎行があって、孔明と周瑜の頭脳戦があって、 鳳雛先生ことホウ統の連環の計があって、そしていよいよ赤壁の大進撃──ってところまで。
 趙雲すごいなぁ張飛アホなのに。と、思った記憶があります。 もうすぐ赤壁だぁとワクワクした記憶があります。──なんて新鮮じゃない感想だ。

 注:ホウトウの[ほう]は、《まだれ》 に「龍」という時

« 『絡新婦の理じょろうぐものことわり』(京極夏彦) | トップページ | 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25265

この記事へのトラックバック一覧です: 『三国志 第六巻 赤壁の巻』(吉川英治):

« 『絡新婦の理じょろうぐものことわり』(京極夏彦) | トップページ | 『グイン・サーガ64 ゴーラの僭王』(栗本 薫) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ