最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« サイリウム | トップページ | 『三国志 第六巻 赤壁の巻』(吉川英治) »

絡新婦の理じょろうぐものことわり』(京極夏彦)

 シリーズの四作目を最初に読んでしまうという失敗をおかしたこのサイトの作者・大久保は、 一作目から三作目を読んだのちに改めて四作目を読み返すのでした。
 女は無残に目を潰されて死んでいた。 目潰し魔──平野祐吉の犯行と目される連続殺人事件の、四人目の被害者である。 しかし間もなく捜査線上に浮かんできた男の名は木場修太郎刑事を困惑させる。 その男・川島新造は木場の旧友だった。 一方、三人目の被害者・山本純子が勤めていた聖ベルナール女学院では、奇妙な噂が流れていた。 山本は、「黒い聖母」によって殺されたというのだ。 蜘蛛の巣のように交差する糸と糸。事件に関わった者は皆、その糸に絡め取られてゆく──
 つーか あらすじ書くの難しいよ、もう。
 冒頭のあらすじ(?)で書いた通り、再読なのですが面白い!  単純に僕の記憶力が悪いってのもありますが、それを差し引いてもいろんな発見があります。 巧みにシーンを挿入していく構成、伏線の張り方、キャラの使い方。 加えて、《一つの文章が頁や段の間を跨ぐことがない》 《頁の半ばで文章が終わることがない》という文章の凝り具合。うーん、凄すぎ。
 今作を読み終わったら、また一作目『姑獲鳥の夏』から読み返したくなってきました。やばいなぁ。

« サイリウム | トップページ | 『三国志 第六巻 赤壁の巻』(吉川英治) »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25264

この記事へのトラックバック一覧です: 絡新婦の理じょろうぐものことわり』(京極夏彦):

« サイリウム | トップページ | 『三国志 第六巻 赤壁の巻』(吉川英治) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ