最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 2001年1月 | トップページ | 2001年3月 »

サイリウム

 遊園地なんかで売られてて、ポキッと折ると光るやつ。コンサートでバラードのときにみんなで振るやつ。 あれが「サイリウム」という名前で呼ばれるものだということを つい最近知りました。
 そんな折、マルエツで 「サイリウムコーンフレーク」 という物を発見。
「胃袋の中で光るに違いないッ!」
 早速買ってきましたが、お腹の中が見られるわけもなく、口から光が漏れてくるわけもなく……。
 間違ってノンシュガーのを買ってしまったのでマズイだけでした。今度は胃カメラ飲む前に食べよう。
 つーかこの二つは同じ物でいいの?

『ペイ・フォワード [可能の王国]』

 可能の王国という響きに、ゴージャス姉妹が治める王国を想像。

続きを読む "『ペイ・フォワード [可能の王国]』" »

ITS

 ITS (Intelligent Transport Systems)とかいうやつの一環で、 高速道路の料金所をノンストップで通過できるシステムというのが計画されていますが、 それについて友人が面白いことを言ってました。
 誰がいつ何処の料金所を通過したかが記録されるということは、簡単に平均時速を計算できるということ。 つまり、警察がスピード違反を取り締まるのに使えると。 なーるほど。考えてもみませんでした。
 いや、警察がそれを利用するというならば、逆にこれを利用したアリバイ工作などは出来ないものでしょうか?
 例えばサービスエリアで車を取りかえて、別のところで降りたように見せかける。
 例えばサービスエリアから徒歩で脱出。何かを実行し、また徒歩で帰ってくる。
 例えば──
 何を企んでいるのでしょうか僕は。

『シティーハンター』(北条司・外池省二)

 なーんとなく読んでみた漫画『シティーハンター』のノベライズ版。 いかにもシティーハンターらしいお話が3編収録されていて、まあ、可もなく不可もなくという感じ。 原作のテンポを損なわないように書いてある──と言えばそうなのですが、 同じ表現ならば原作にはかなわない。 と言って変に描写を詳しくしたらしたで原作のファンにそっぽを向かれるだろうし──まあ、こういうのは難しいですね。 別に つまらなかったわけではないんですけど。

『ムーラン』

 中国伝説のヒロイン花木蘭か もくらんの物語 ──ってことで、そのうち見ようとは思っていたんですよホントに。

続きを読む "『ムーラン』" »

『三国志 第五巻 孔明の巻』(吉川英治)

 なんてストレートなタイトル。満を持して孔明の登場です。
 関羽千里行にはじまって兄弟感動の再開。 呉国は孫権の時代になり、曹操は北方を制圧する。 そして珪州に拠った劉備はついに諸葛亮と対面する──というところまで。
 ついに役者が揃ったという感じです。 しかしその孔明が登場するまでの引っ張りかたが上手いというか憎いというか。 三顧の礼というのは聞いてはいたけれど、 こうも出し惜しみされるとは思っていなかったのでヤキモキさせられました。
 いま「やきもき」で辞書を引いてみたのですが、これに当てる漢字は存在しないようです。 《ヤキ》は《焼き》のような気がするけど《モキ》って何だろう。
 話が飛びましたが以下ネタバレ。
 孫策が死んじゃった……。期待してたのに、乱心の末の最期とは無念です。 しかし後を継いだ孫権もなかなかの人物のようで、三分された天下のひとつは彼のものとなるのでしょうか?
 三顧の礼って、そのうち二回は留守だったんですね……。 フラれてもアタックしつづけたってことかと勝手に思っていたのですが。

『日本語の作文技術』(本多勝一)

 読点とうてんの打ち方を知っていますか?  どんなときに読点を打つべきなのか。どんなときに打ってはいけないのか。 あらためて考えてみると意外に分からない。
 最近、《文章を書く力》の重要性について思うところがあったのですが、 そこにタイミングよく薦められたのが この本です。
 冒頭にあげた「句読点のうちかた」のほか「修飾の順序」などについての原則が明快に提示されており、 大変に分かりやすく、ためになります。
 また、いわゆる「悪文」についても、どこがどう分かりにくいのかを具体的な例で指摘しているので、 やなオッサンだなぁなんて思いつつも なかなか笑えます。 こんな本を読みながらニヤニヤしてる自分が不気味。
 日本に生まれて、日本語で考え、日本語でコミュニケーションをとっているの以上は、 できるだけ読み手にとって分かりやすい文章を書くよう心がけたいものです。

 ああ、疲れた。 今回の読書記録は かつてないプレッシャーとともにお送りしました。おかげで文章がカタクナッテマス。

トロブル

 銀行で順番待ちをしているときのこと。
 後ろにいたサラリーマンが携帯で話をしてました。
「え、その件ですが、その、トロブル……トロブ……トロ……トロブル続きでして、」
 うわあ、言えないのに開きなおりやがった。
 それともトロぶってるのでしょうか。
「トラブルって何ニャ?」
 そりゃうまくいかないわ。

『バトル・ロワイアル』

 『バトル・ロワイアル』か『バトル・ロワイヤル』か分からなくなったりしませんか?  『インデペンデンス・デイ』か『インディペンデンス・デイ』か分からなくなったりしませんか?  『ハマサキ・アユミ』か『ハマザキ・アユミ』か……

続きを読む "『バトル・ロワイアル』" »

« 2001年1月 | トップページ | 2001年3月 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ