最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『2001年宇宙の旅』 | トップページ | 『火車』(宮部みゆき) »

『クローディアの告白』(ダニエル・キイス)

 『24人のビリー・ミリガン』に続く、キイスのノン・フィクション物。キイスってすげえ……。
 1982年夏。クローディア・ヤスコーは作家ダニエル・キイスのもとを訪れた。 彼女には分裂病の病歴があり、それがもとで4年前に連続殺人事件の容疑者として逮捕されていた。 のちに無実であることが判明し釈放されたのだが、そこには依然として大きな謎が残っていた。 犯人しか知るはずのない、犯行現場の詳細な様子。それを彼女はを知っていた。 そして彼女は言う。今こそ事件の真相を語ると。キイスは、クローディアの病んだ精神に入り込んでいくが──
 精神分裂病。現代の精神医学では《解離性障害》と診断されるそうですが、その症状は、 重要な個人情報で、通常外傷的なまたはストレスの強い性質のものの想起が不可能になり、 それがあまりにも広範囲にわたるため通常の物忘れでは説明できない 状態になること(解説より)。更に、思い出せないだけならまだしも、思い出せないことに対して、 新たな解釈を与え、そこから別の記憶を作ってしまい、それを完全に信じきってしまう…。
 自分で書いてて訳がわからなくなってきました。本当に読んでる最中も大混乱。
 一貫性のないクローディアの告白を、辛抱強く、忍耐強く、愛情深く聞きつづけたキイスに 本当に脱帽です。
 分かりやすく言うと、「どーしても二人三脚がやりたい!」というから足を縛ったら、 ヨーイドンでいきなり後ろに走り出すようなひととオリンピックを目指すようなもんです。 ……全然分からん。
 精神を扱ったノンフィクションとしてはもちろん、ミステリとして読んでみても面白いかも。

« 『2001年宇宙の旅』 | トップページ | 『火車』(宮部みゆき) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25245

この記事へのトラックバック一覧です: 『クローディアの告白』(ダニエル・キイス):

« 『2001年宇宙の旅』 | トップページ | 『火車』(宮部みゆき) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ