最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『エイリアン』 | トップページ | 期間限定 »

『三国志 第一巻 桃園の巻』(吉川英治)

 そんなわけで吉川栄治版の三国志を読み始めました。 日本ではこれが一番メジャーだとか。
 第一巻は黄巾の乱に始まって、劉関張三兄弟の出会い、曹操の離反まで。
 超有名作品だけに、知ってる名前、聞いたことのあるエピソードがいくつも出てきて、 それが逆に「これがあの有名な!」ってな感じで面白いです。
 一つ気になるのは、作品中で「劉備玄徳」とか「張飛翼徳」とかいう呼び方が出てくること。 田中芳樹によれば、姓+名、姓+字という呼び方──つまり「劉備」、「劉玄徳」という呼び方を することはあっても、姓+名+字という呼び方をすることは絶対にないそうなので、 そこがちょこーっと気になりました。「諸葛亮孔明」とか、語感はいいけど間違いらしいです。 受け売りなんで実際どうなんかは分かりませんけど。
 その他は読みやすく、雰囲気も良いようなので次の巻にも期待。

« 『エイリアン』 | トップページ | 期間限定 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25312

この記事へのトラックバック一覧です: 『三国志 第一巻 桃園の巻』(吉川英治):

« 『エイリアン』 | トップページ | 期間限定 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ