最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『古城の迷路』(ドロシー・ギルマン) | トップページ | ソン気分 »

『ビリー・ミリガンと23の棺』(ダニエル・キイス)

 やっぱりこれも超有名なので、今更説明するまでもないかと思いますが── 『24人のビリー・ミリガン』の続編です。
 1978年。ビリー・ミリガンは、連続婦女暴行犯として起訴されたが 精神異常により無罪という判決を受けた最初の人物となった。 しかしその後 彼が収容されることになった州立ライマ病院は、 体罰に電気ショックを使い、薬物で患者をしばりつける、恐るべき場所であった。 外部との接触も禁じられ、命を脅かされながら、ビリーはいかに生き延びたのか。 そして、2つとない24の人生を戦いぬいたミリガンが得たものとは一体何だったのか──
 事実は小説より奇なり──とかなんとか書こうと思ってたら、 文庫本の解説にも書いてあって困ったなぁ、と思いつつ結局書いてます。 まあプロでもそう思うんだから仕方がないしょーがない。 本当に、これが実際にあったというのが信じられないような話の連続。 原題である「The Milligan Wars」という言葉がビリーの半生を象徴的に表しているように思えます。
 読んでてホント辛かったんだけど、オススメです。

« 『古城の迷路』(ドロシー・ギルマン) | トップページ | ソン気分 »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25299

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビリー・ミリガンと23の棺』(ダニエル・キイス):

« 『古城の迷路』(ドロシー・ギルマン) | トップページ | ソン気分 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ