最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« カミナリ | トップページ | 『グイン・サーガ62 ユラニア最後の日』(栗本 薫) »

『死者のあやまち』(アガサ・クリスティ)

 久々にクリスティ。 実家にいっぱいあったので、逆に読んでない作品が多かったりするのです……。
 風変わりな依頼を受けたポワロは、とある田舎の ある屋敷へと向かった。 女流作家オリヴァからうけたその依頼とは、屋敷で開かれる園遊会において、 犯人探しゲームの賞品を渡す役を引き受けて欲しいということ。 そして、オリヴァの感じている言い知れぬ不安の正体を確かめて欲しいということだった。 一見何事もなく進む園遊会。 しかし、オリヴァとともに、死体役を務める少女を見舞いに行ったポワロが見たものは、 自分の役を完璧に演じきった少女の姿だった。 少女は、本当に殺されていたのだ──
 推理小説を読むときに、真面目に推理しながら読むタイプと、頭の片隅で考えながらも ガンガン読み進めてしまうタイプがいると思うのですが、ぼくは後者。 それで分かろうというほうがオコガマシイのかもしれないけれど、 それにしても毎回騙されます。ちゃんとヒントはでてるのに。キーッ。

« カミナリ | トップページ | 『グイン・サーガ62 ユラニア最後の日』(栗本 薫) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『死者のあやまち』(アガサ・クリスティ):

« カミナリ | トップページ | 『グイン・サーガ62 ユラニア最後の日』(栗本 薫) »

ブログパーツ



2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ