最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 最近の自炊状況 | トップページ | きれいにはがせる »

『鉄の絆』(ロバート・ゴダード)

 スペイン内戦で共和派の義勇兵として戦った高名な詩人・トリストラム=アプリー。 その死後半世紀が過ぎようというある日、彼の姉である老婦人が殺害された。 事件をきっかけに浮かび上がる過去の秘密、そして陰謀…
 上巻はいまいち。主人公(の一人)シャーロットが、どうみても怪しいだろっつー人に騙され続けるのがちょっと…。 下巻になって、隠された事実が明らかになってくると面白くなってきます。 クライマックスでのトラブルの連続もなかなか。 ぼくが歴史──時代背景にもうちょっと強ければ、もっと面白かったかも。

« 最近の自炊状況 | トップページ | きれいにはがせる »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25373

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄の絆』(ロバート・ゴダード):

« 最近の自炊状況 | トップページ | きれいにはがせる »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ