最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 『小さな星の奇跡』(メアリ・H・クラーク) | トップページ | たのみこむ »

『嗤う伊右衛門』(京極夏彦)

 昨日の読書記録とは対照的。
一冊が厚く密度も高く、しかもこれ この先 酷いことになるんだろうなと思いながら 読んでいるとその予想を上回るくらい酷いことになっちゃったりして、 読後に「う~ん」と唸ってみたくもなるのが京極夏彦の本ではないかと。 まだ2冊しか読んでないのに適当なことを言ってますが。

 『嗤う伊右衛門』はあの有名な四谷怪談の、お岩さんにまつわる話。 当時の資料を綿密に調べた上で、作者なりの解釈で書き上げた新しい話になっているようです。 というわけで、原典の四谷怪談を読んでから読むと一層面白いかも。 知らなくても面白かったけど。

 追記:うそでーす。同氏の本を数冊読んで、印象が変わってきました。オススメ。

« 『小さな星の奇跡』(メアリ・H・クラーク) | トップページ | たのみこむ »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25476

この記事へのトラックバック一覧です: 『嗤う伊右衛門』(京極夏彦):

« 『小さな星の奇跡』(メアリ・H・クラーク) | トップページ | たのみこむ »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ