最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 1+8 | トップページ | 『嗤う伊右衛門』(京極夏彦) »

『小さな星の奇跡』(メアリ・H・クラーク)

 もうのっけから「ハッピーエンドになりまっせー」と主張しているかのようなタイトル。 これで悲しい終わり方をした日にゃぁJAROから訴えられてもおかしくないじゃろ。
 最後には何もかもうまくいくはず、それが分かっているのにも関わらず、 最後まで読んでしまうのは人物の描き方がうまいからでしょうか。 クラークの作品は数冊読みましたが、割とどの作品もそんな感じ。 話も比較的短いものが多いし、読後感が良いので気軽に読めて良いです。

« 1+8 | トップページ | 『嗤う伊右衛門』(京極夏彦) »

読書(海外小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25475

この記事へのトラックバック一覧です: 『小さな星の奇跡』(メアリ・H・クラーク):

« 1+8 | トップページ | 『嗤う伊右衛門』(京極夏彦) »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ