最近のトラックバック

スポンサード リンク


  • Google
    Web sketch.txt-nifty.com

リンク

« 鍵その後 | トップページ | 掲示板 »

絡新婦の理(じょろうぐものことわり)』(京極夏彦)

 厚い。重い。弁当箱かっつーくらいのサイズで嫌になっちゃいますが中身は面白い!
 蜘蛛の巣のように絡み合った二重、三重の事件と、それを解いていく個性あふれる主人公達。 クライマックスの解体(憑き物落とし)シーンも圧巻です。
 まあ、非常にややこしくて、長くて、読むのに体力が要る(いろんな意味で)本なので 万人にはオススメできませんが、ぼくは面白く読めました。
 ちなみに、タイトルや装丁からホラーと勘違いしがちですが(ぼくだけ?)ミステリです。
 実はシリーズものなので 『姑獲鳥の夏うぶめのなつ』 から読み始めるのが正解らしいです。ちょっと失敗。

« 鍵その後 | トップページ | 掲示板 »

読書(国内小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5373/25456

この記事へのトラックバック一覧です: 絡新婦の理(じょろうぐものことわり)』(京極夏彦):

» 台風読書 [ラクエンデノ、ロウドウ。]
 「絡新婦の理」(京極夏彦)がなぜか本棚にあったので台風の間読んでた。  今日職員打ちあわせの間にも、学年会の合間にもずっと読んでて、授業中本読んじゃう生徒と変... [続きを読む]

« 鍵その後 | トップページ | 掲示板 »

ブログパーツ



2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ